スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルターの選択

水質をきれいに保つのに必要不可欠なのは、何といってもフィルターです。どんなものがあるのか、フィルターについて説明します。

上部フィルター
上部フィルターは水槽の上にのせて、使用します。水を吸い上げて、水槽の上に設置したろ過材の中を水が通ることで水をきれいにします。このフィルターでは、フィルター内を水が通る時に、酸素を取り込むので、エアーポンプはなくても大丈夫です。フィルターの掃除も比較的楽です。ただ、CO2の添加が必要となる水草を育成する場合は、水がフィルターを通って循環する際に、CO2を排出してしまうので、適していません。

外部式フィルター
水草を育成するには最も適したフィルターです。
というのは、
⇒水槽の中に入るパーツが少ないのでレイアウトを乱さない
⇒ろ過能力が高い
⇒密閉式なので、CO2を逃がさない
等の利点があるためです。

60cm水槽で水草の育成を考えているならば、
エーハイム クラシック2213
コトブキ パワーボックス45
テトラ EXパワーフィルター75 ユーロ

がおすすめです。ぜひ購入をご検討下さい。

壁掛け式フィルター
このタイプのフィルターはメンテナンスが容易で、場所をとらないのが利点として挙げられます。小型水槽に向いているフィルターです。30cmクラスの小型水槽を検討されている方、フィルターを置くスペースが確保しづらい方に購入をおすすめします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/775-e29a5ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。