スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター オブ バクテリア “酵素”

“酵素”

タンパク質を分解する際、一般的には酸を使用し高温にしても分解までにはかなりの時間がかかりますが、タンパク質分解酵素(ペプシンなど)を用いると、人の体温程度の温度で速やかに分解ができます。

プロテアーゼもタンパク質分解酵素の総称で、水素イオン濃度(pH)により
・酸性プロテアーゼ
・中性プロテアーゼ
・アルカリプロテアーゼ

※洗濯洗剤で酵素パワー→などは同じく酵素の働きで体のタンパク汚れを分解しています。

この酵素にも、最適温度(40度を超えると急激に低下)と最適pH(6.0~8.0)がありますが、水槽内は適合温度と最適pHともに適した条件といえます。

バクテリア剤に、酵素の力が加わった
さんユーロは、
①有機物の分解
②水質の浄化
③臭いの分解
と3つの効果が望めます。

※特に酵素の力で、パイプなど水垢除去の効果は絶大です。

さんユーロ配合表

納豆菌、その他微生物 35%
酵素            5% →プロテアーゼ配合
微生物生育物質     2%
その他           58%

つづく
森田


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/695-f3b7d19b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。