スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター オブ バクテリア “原始の時代には釣り合いが取れていた”

“原始の時代には釣り合いが取れていた”

人間がまだ、化石燃料(石油や石炭)を大量消費する以前(イギリスから始まった産業革命以前)には、有機物の合成による二酸化炭素の消費量と、その無機化による二酸化炭素の生成のバランスが保たれていました。
人間は、空気中より酸素を取り入れCO2(二酸化炭素)は吐き出し、植物は光合成によりCO2と取り入れ、酸素を生成します。
土壌の中では、微生物が有機物(排泄物や枯れた木、死骸など)を微生物が分解しCO2を生成します。
水槽中でも同様に、生態系のバランスが取れれば生体や草にとり水槽内は快適な場所になりますが、今の地球のように化石燃料(主に石油)を大量に消費する人間が生態系のバランスを崩壊しようとしてる事が水槽内でおこると水槽のような小さな生態系はたちまち崩壊してしまいます。

地球上の有機物全体の中で、人を含め動物が利用する(二酸化炭素へと無機化する)のはごく少量で、大部分は実は様々な微生物が利用し、最終的に二酸化炭素へと無機化しているのです。話が大きくなりますが、地球規模でも二酸化炭素の固定(有機物の合成)と、有機物の無機化(様々な有機物の二酸化炭素への分解)とバランスの主役は、バクテリアです。

水槽内でも小さな生態系の中心
バクテリア剤売り上げベスト3

スーパーバイコム スターターキット 250ml 淡水用

ばくとZwei + ばちるすZwei 淡水60cm水槽用

バイオカルチャー 100ml 4点セット(1000・2000・SMW・TV3000)

づづく
森田


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/693-d7cc0bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。