スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター オブ バクテリア“底面ろ過は優れもの”

“底面ろ過は優れもの”

各種あるろ過システムの中でも優れたろ過方法が底面ろ過となりますが、両刃の剣の難点があるので説明させて頂きます。

底面ろ過は、底砂をろ剤として利用するので、ろ過層に入れるろ剤と同様に通水性がなくなるとかえって水質を悪化させてしまうのでご注意が必要です。
一般的には大磯の粒の粗い物をご選択されると底面のシステムが有効に働きます。

底面フィルターが目詰まりすると通水性がなくなり、好気のバクテリア(アンモニアを亜硝酸、硝酸塩に生分解する)が死滅してしまい、水槽内には、アンモニアや亜硝酸が充満し飼育の魚は、アンモニア、亜硝酸中毒となり危険な状態となってしまいます。

底面に推奨のろ剤は、粒が大きめの大磯ですが、今底床の一番人気はソイルで、底面にソイルの場合には、粒が崩れそれが目詰まりの原因となるので、ソイル愛好の方には底面の利用を躊躇されていた方も多かったようですが、アクアシステムのプロジェクトソイルは底面との併用に効果があり、その水が綺麗になる効果はバッグンと同社実験済みとなります。
(※注意 ソイルですから定期的な交換は必要)

お洒落なグラスタンクの飼育セット!ニューアール360熱帯魚飼育スターティングセット

お洒落なグラスタンクの飼育セット!ルノアール310熱帯魚飼育スターティングセット

お洒落なグラスタンクの飼育セット!ニューアール250熱帯魚飼育スターティングセット

洒落なグラスタンクの飼育セット!ルノアール360熱帯魚飼育スターティングセット

特にビーシュリンプの繁殖など目的にされている方に、エビは底床の汚れに敏感で、水質は弱酸性~中性を好む事で、底面でソイルの飼育が出来ればと・・
プロジェクトソイルでそれが可能になりました。

つづく
森田

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/690-9a9cdac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。