スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさしくガタガタ

こんちわッす!昆虫担当の佐藤です。

今日は日本でもおなじみのノコギリクワガタを紹介します。このグループは世界最大のクワガタのギラファノコギリ、ストライプ模様の美しいゼブラノコギリなどの小型種まで非常にバラエティ豊かです。この種の特徴はたくさんの内歯を持つノコギリ状の大アゴを有し、短歯型~長歯型がサイズによって存在すること。成虫は昼行性を持ち樹上での生活を好む種が多く、幼虫は湿度の高い土を好み、根食いであることが多いです。オオクワガタの仲間に比べると成虫の寿命が短いのが欠点といえますが、それを補うほど多産で成長が早いです。美しい上翅を持つものも多く、体色もバラエティ豊かで、コレクション性も高いです。


・成虫の飼育は非常に簡単。
成虫の飼育は非常に簡単です。ノコギリクワガタの仲間は平地性のものが多く、オオクワガタの仲間に比べ低温には弱い種が多いです。25℃程度の温度を維持してあげましょう。大型種では大アゴが大きくバランスが悪いので、転倒防止の木切れを用意し、エサのゼリーは食べやすいように切ってあげたほうがよいでしょう。

・ブリードも簡単。
小型種ではあまり問題ではありませんが、大型種ではメス殺しの可能性があるので交尾後に分けてあげる必要があります。産卵セットは、やや発酵したマットを、水分を多めにし、ケースの底5cm程度までガチガチに硬く詰めます。その上に加水した柔らかめの産卵木を入れ、後は少し硬めにマットをいれて産卵木を少しだけマットから出るようにします。本来マット産みなので、産卵木はなくても平気ですが、メスの足場としてだけでなく、マットと産卵木の境目に生むことがあるので最初は入れておいたほうがよいでしょう。適切な飼育温度と環境がそろっていれば産卵までは簡単です。

・大型個体の魅力。
大型個体の作出に欠かせないのが菌糸ビン。ギラファなどの多くの外産ノコギリは菌糸ビンで大型固体が狙えます。しかし日本のノコギリクワガタのように菌糸ビンでうまくいかない種類もいます。こちらは発酵マットが向いていますが、なかなか大きな固体の作出が難しいです。小型の外国産ノコギリは自然界では短歯のものが多いですが、ブリードでうまく育てることができれば長歯が出せます。

・意外?
クワガタの中では、人気の面でオオクワガタ等のドルクス達に負けている感じのあるノコギリクワガタの仲間ですが、分類の面ではかなり細かいところまで手の届いている種です。特に日本人の功績は大きく、国内外の種で亜種の細分化が進んでいます。研究者や、コレクターには非常に人気のあるグループともいえます。日本のノコギリクワガタは1種しかいないと思っている人は少なくありません。実はノコギリクワガタには基亜種を含め4亜種が知られ、ハチジョウノコギリ、リュウキュウノコギリ、ヤエヤマノコギリは完全な別種となっています。さらにこれらにも亜種が知られるので、日本には結構な種類のノコギリクワガタがいます。


チャームのノコギリ





ギラファノコギリクワガタ “ジャワ産”
Prosopocoilus giraffa borobudur
世界最大になるノコギリクワガタです。このジャワ産のものはフローレス産に比べると小型ですがもっともコンスタントで安価に流通します。現在特売中なので興味のある方はどうぞ。






ギラファノコギリクワガタ “フローレス産”
Prosopocoilus giraffa keisukei
世界最大のギラファの中でも特に大きくなる種です。学名に日本人の名前がついているのがわかるでしょうか?他にもネグロス島産のdaisukei、セレベス島産のnishiyamai、 ミンドロ島、ルソン島産makitaiに日本人の名前がついています。






アスタコイデスノコギリクワガタ “ジャワ産”
Prosopocoilus astacoides cinnamomeus
赤い体色が美しい種です。広い生息域を持ち、体色の黄色いものや、大きくなる種、赤がより鮮やかな種が亜種としていくつか存在しています。どこか日本のノコギリクワガタのような雰囲気で親しみがわきます。






ラテラリスノコギリクワガタ “スラウェシ産”
Prosopocoilus lateralis lorquini
上翅に美しい模様を持つ小型種です。スラウェシ島産のものは上翅にU字上に黄色い部分持ちます。この黄色が木目のような美しい色でなんとも言えません。






ブルイジンノコギリクワガタ “スラウェシ産”
Prosopocoilus bruijini rufulus
こちらも上翅に美しい模様を持つ小型種です。小豆色のボディに黄色の上翅で、可愛らしいクワガタです。日本のアカアシクワガタに似た上品な雰囲気を持っています。






ゼブラノコギリクワガタ “ジャワ産”
Prosopocoilus zebra nobuyukii
ノコギリクワガタ最高の美しさを持つ小型種です。ゼブラの名にふさわしい縦の複雑なストライプ模様がとてもきれいです。ツヤのある上翅に美しい模様で、どこかの高級な家具のようです。こちらの学名にも日本人の名前がついています。



また新たに数種入荷しています。こちらも早くアップできるようにするのでお楽しみに!用品ではフォーテック製品の取り扱いが始まりました。皆さんご存知の通り、実績、信頼のあるG―potシリーズで有名なメーカーです。用品も含めてどんどんと充実させていくのでお楽しみに!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/594-ddcdd544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。