スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンス・バース氏のエキノドルス

ドイツ南部にある1958年設立のファーム
ハイグロフィラ・バルサミカは、バース氏採取によってもたらされた事は多くの人の知るところです。
同ファームでは、エキノドルスはもちろんのこと、実に様々な種類の品種改良を行っています。
草の品種改良の盛んな種類の代表は、エキノドルスで、中でもドイツファーム産の種類は観賞価値が高く、名作となります。

《送料無料》Ech.ゴールドフレーム(バース)(1株)


これがエキノドルス?クルクル感と鋭く尖る細葉がタマラナイ!■Ech.ベスビウス(バース)(1株)

おまけ-3
ベートーベン生誕の地、ボンに到着
ボンで会った日本人は全て青い代表のユニホームを着ていました。
普段絶対に会話する機会のないダボダボズボンずり落ちそうボーイやつけマツゲパタパタギャル、上品な老夫婦、働き盛りのサラリーマン集団などなど、元気よく「こんにちは」と挨拶をします。
お互いに情報交換をし、代表の練習場まで、迷う事なくバスで到着しました。
6月のドイツとしては、記録的な暑さの中、代表戦士達は、練習メニューを其々こなしてゆきますが、少し気なったのは、ヒデ(中田)の孤立した様子とシンジ(小野)のハシャギ方でした。
森田

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/530-edd09054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。