スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘魂ではないけども...

生体担当の佐藤です。
最近の朝晩の冷え込みは冬が近いことを感じさせてくれます。そんな季節になると急に人気が上がってくるのが赤い魚!

水槽を泳ぐ赤い魚は熱帯のイメージにつながりやすいということでしょうか?名前にもファイアーとかフレームとか熱い名前のものが多いです。
今回はチャームの赤い魚を紹介します!

まずはカラシンから!



クリスタルレッド・テトラ
Hyphessobrycon haraldschultzi
赤系のカラシンでは最も美しいのではないでしょうか?ただケンカも良くするので、あまりおとなしい魚との混泳には向いていません。ある程度の数を導入したり、こいつより大きな魚がいれば少しケンカも抑えられます。流通が不定期なのが少し残念な種です。




アークレッド・ペンシル
Nannostomus mortenthaleri
ペンシル系の中では最も赤く美しい種です!やはりケンカが多いのが辛いところですが、クリスタルレッド・テトラと同様の方法である程度ケンカを抑えることができます。逆にケンカをよくするということは、最も美しいフィンスプレッディングの瞬間を楽しむことができます。




ディープレッドホタル・テトラ
Axelrodidia riesei

人気の小型魚です。こいつがたくさん泳いでいる姿は非常にきれいです。ただ若干デリケートな面を持っています。弱酸性の軟水を用意し、色揚げのためにも餌にはブラインを使うのが有効です。



コイの仲間も



ラスボラ・アクセルロディ レッド
Sundadanio axelrodi
やはり赤の美しい種ですが、クリスタルレッド・テトラのような赤にはなりません。ブルーなどのタイプも知られる人気魚ですが、やはりデリケートな部分があります。こいつも弱酸性の軟水がポイントで、痩せやすいので餌をこまめに与えてください。




ボララス・ブリジッタエ
Axelrodidia riesei

超小型の美魚です。こいつも弱酸性の軟水で飼う事でオスは真っ赤に発色してくれます。以外にも飼育はそれほど難しくないのもうれしいところです。成魚でも2cmほどなので小型水槽にはもってこいです。



グッピーも。




RREA・ファイアーレッドテール・グッピー
Poecilia reticulata var.
チャームでも人気の品種です。RREAになったことで透明感のある赤が表現されています。流通が他の品種に比べると少ないです。狙っている方は急いでくださいね。



番外編



チェリーレッドシュリンプ
Caridina sp.
人気の赤いエビです。ミナミヌマエビと近縁な種らしく水槽内でもよく殖え、コケ取りにももってこいだと思います。流木やソイルなどの黒っぽいものが多い水槽では本当に赤い発色をしてくれます。




レッドラムズホーン
Indoplanorbis exustus
こちらも人気の赤い貝です。水槽内で殖えるので水草水槽では厄介者扱いされますが、増えた貝はアベニーなどの餌として使うのもいいのではないでしょうか?残餌、コケ処理に非常に有効なので、卵生メダカやグッピーのブリード用の水槽などでも活躍してくれます。


赤い生体は水槽内でも一際目立つ主役級のやつらばかりで、水草水槽の緑には非常によく映えます。赤系の色は色揚げ効果の高い餌を使うことでさらに引き立てることができます。これからの寒い季節に、赤いやつらで暖を取ってみてはいかがでしょうか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/402-4cbb0a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。