スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビオトープを立ち上げるには?

お客様からビオトープについてこんなご質問が。

Q.
縦250cm 横60cm 深さ60cm ほどの池があり、ビオトープ的なものにしていきたいと考えております。コウホネを御店で見つけ、ホームページを拝見いたしました。コウホネ以外に、日本の在来種で、ビオトープに植えるのに最適な水草を探しておりますが、何か御店で取り扱いのもので、推薦していただけませんか。

A.
まずはじめにコウホネの育成についてお話致します。

 光について ⇒ 中
 水質について ⇒ 弱酸性~弱アルカリ性  中硬水
 水温について ⇒ 18~26℃

コウホネは池沼、ため池、河川などに生育する多年性の抽水植物で、水深が深いと浮き葉に、流水中では水中葉だけとなります。(水槽内では低温を好みます。)

ビオトープにて育成の場合には、現在季節的に少し無理があります。
一般的にはビオトープの立ち上げは3月~5月の季節が最適となります。ビオ植物全般、屋外で葉をつけたまま越冬可能な種類について申し訳ございませんが、当店では取り扱いがございません。

来年の春まで、お待ち願います。

参考までにビオトープのアドバイスについて以下に記載します。

・ビオトープに最適の土
ビオトープの植物はどの種類も大変な肥料食いです。この辺を考慮した土をご使用になられることをおすすめします。おすすめの一品はビオの土です。
土の深さは約20cmが望ましく、ご質問頂きました環境では大量な土が必要となります。

・その他のおすすめ植物
スイレン
アサザ
浮き草
など

補足としては、池に充分に日差しを当てるようにして下さい。植物も元気よく育ちますよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/383-da92fb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。