スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた余計なものを...

こんちわっす!佐藤です。
またこんなものを発見しました。

ノコギリクワガタ(Prosopocoilus Inclinatus)
チャーム物流倉庫前にて捕獲。

中型のサイズですが、体色の赤味も強く、大顎がなかなか整っていて、まぁ綺麗な固体ですね~。日本では平地に普通に見られるクワガタで、夏の真っ最中にカブトムシと同時期に見られます。70mmオーバーの固体も見られ、迫力と曲線美を兼ね備えたなかなかの美種ですね。
こいつらはオオクワなどと違い冬眠せずに、夏限定で姿が見られます。繁殖を狙ってみると以外に難しい種なのでチャレンジしてみてください。まず成虫になって姿を現すのに2年かかるのがポイントで、1年目の夏ぐらいで成虫になるのですが、冬を越して2年目の夏に姿を現します。自分の経験では、2年間うまく放置できれば成功しやすいのですが、一度掘り起こしたりするとなかなかうまくいかないです...産卵にもポイントがあって、産卵木に生むタイプではないんです!超微粒子のマットや黒土を硬くつめ、その上に広葉樹のマットなどを敷くのがコツです。産卵木は加水を多くして黒土とマット境目付近に倒して入れておくと良いです!そうすると黒土とマットの境目、産卵木の周りに産卵されます。そして幼虫ですが、こいつもなかなか大きくするのが難しい!大きくするのに菌糸ビンが使えず、菌糸に巻かれたり、羽化に失敗することが多いです。ただしうまくいけば60mm台に乗せることが可能なので、色々試して菌糸ビンでコンスタントにいければなぁと。発酵マットなら簡単で、やや大目の加水と硬めにつめるのがポイントです。サイズを大きくするにはもう一工夫必要ですが、羽化に失敗することはほとんどありません。ミヤマクワガタなんかも同様の方法で繁殖が狙えますよ。

ミヤマカミキリ(Massicus raddei)
チャーム物流倉庫前にて捕獲。

ミヤマはミヤマでもあまり人気のない方のミヤマです。日本産のカミキリムシでも大型になる種で、クワガタを採りにいくと同じ木で樹液を吸っていたり、外灯付近に転がっている姿を見ることができます。細かい毛に覆われたビロード調の体色とスレンダーな体型がなかなか格好良いです。成虫の飼育は容易で、カブトムシなんかと同じように、昆虫ゼリーなどで飼えます。しかしこの仲間は短命なんです...1ヶ月程度で寿命になります。ペアがいれば交尾までは簡単ですが、そのあとは昆虫飼育の中でもなかなかの難種といえましょう。こいつら、生木と朽木の境目に産卵し、幼虫もその部分を好んで食べます。そういった朽ちた部分と生の部分を持つ木を用意し、鮮度が悪くなる前に交換といった作業を繰り返す必要があります。この辺を何とかできれば累代も可能だそうです。こいつは難しそうなんで累代繁殖には挑戦したことないです...

夏に家族でお出かけ、そこでクワガタを捕まえたりといったことも多いでしょう。繁殖まできっちりやるには以外に手間のかかるものですが、昆虫の生態の不思議さに触れることができると思います。夏真っ盛りの時は虫などの生き物も真っ盛りなので、生き物と触れ合ってみてください。ちなみにこの2種類が同じところで採れたからって、一緒に飼育してはダメですよ!脚や触覚が切れたり、怪我が絶えない組み合わせになってしまいます。魚の混泳同様に注意してくださいね。

チャームでも昆虫の飼育用品を扱ってますので、是非是非ご利用ください!
    ⇒ チャーム昆虫用品 

また魚の話は忘れてました...一応前回の卵生メダカの産卵ネタから、チャームでも採卵に挑戦しています。なかなか産卵床に生んでくれなくててこずっています。産卵床を置いてない水槽では砂利に産んでるのに...産卵床を入れても見向きもしてくれません。まだまだ研究中ということで。

本日インペリアルゼブラがリリースです!
狙っていた方はチェックですよ!今回小さめのサイズも入ってきていたので少し安くリリースします。小さい方は数もそこそこ用意できてます!大きめサイズのほうはかなり極美固体です。サイズ的にも親魚として繁殖に使えそうです。ナンヨウボウズハゼなどの人気種も入荷予定です。こちらはリリースをお楽しみに!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/295-e655f38e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。