スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミクロハウスパック モニターレポート(岐阜県 Kさん)

岐阜県のKさんがミクロハウスについてのモニター報告をして下さいました。尚、以下はKさんのHPからの抜粋です。詳細はこちらのHPをご覧下さい。

今回新規水槽を立ち上げに当ってパワーハウスのミクロハウスを使ってみました。

〔使用〕
アマゾニア+アマゾニア・パウダー+パワーサンド
エーハイム2236+2215サブ 
パワーハウス・ソフトM
RO水
という水槽です

立ち上げ2週間を経過した状態です。水は透き通っていますが、アンモニア3.0mg/l です。
まだ少し心配な状態でSS固体の投入には勇気が要りますね。
画像はパワーハウスのミクロハウスをダイレクトに投入した状態です。入れてすぐ休眠状態のバクテリアが即座に活動開始。
袋の周りがモヤモヤと何か出ている感じがしました。
投入後、約3日でアンモニア・亜硝酸が、0mg/lとなり我が家のSS固体を約30匹投入しました。


画像は投入後1週間で見事な発色をした固体で、エサ食いも良好です。


画像はその2日後に抱卵した固体です。


全体的な感想としては、よくアマゾ二アを使用しての新規水槽立ち上げは時間がかかるという話を聞きますが、初期に良好なバクテリアの投入によって短期間で立ち上げが可能だということだと思います。
今後ミクロハウスもシュリンプブリーダーだけでなくその他の熱帯魚の飼育にはなくてはならない商品の一つになるだろうと思いました。

今回はいつもお世話になっているチャームさんより、ミクロハウスのモニターで実験をしてみた感想です
チャームさんいつもありがとうございます。。。


ご報告から察するところ、大変ご満足頂けたようです。水槽の立ち上げ初期にはやっぱりバクテリアが定番ですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/253-1cbd3d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。