スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学兵器より生物兵器?

こんちわっす!佐藤です。
チャームがある群馬では暑いぐらいの日がしばらく続いていたのに、ここのところ夕方は毎日雨です。夜は冷え込み、さっぱりしない天気が続いています。この時期気温の上下が大きく魚たちも白点病にかかりやすくなります。しっかり温度管理をしてくださいね!特にコイの仲間は白点になりやすいから要注意です。水草でばっちり決めたレイアウト水槽では低めの水温がいいのですが、薬が使えないので病気にしないように要注意です!
そしてレイアウト水槽で使えないものはもうひとつ!強力な苔抑制剤です。そこで今日は水槽の苔対策にずばり役立ってくれちゃう奴らの紹介です。

ヤマトヌマエビや石巻貝についてはそれほど多くは説明は要らないでしょうが、たまにはちゃんと紹介しましょう。あっさり行くためにも今回は画像はなしで...


ヤマトヌマエビ

コケ取り能力は最強でしょう。様々なコケを食べてくれます。藍藻だってお腹がすいてれば食べちゃいます。ただし魚の餌も大好きです!魚の餌の味を覚えるとコケ取りをサボりますからね、エサのあげすぎ注意です。こいつらの仲間にトゲナシヌマエビがいます。こいつはこれからの時期にオススメですよ~。ヤマトより平野部に生息するため高温に比較的強いです。サイズもヤマトよりやや小型なので小型水槽にこいつはオススメです!

ミナミヌマエビ
ヤマトより体が小さいので数で勝負というところでしょうか。水槽内での繁殖が可能で、ヤマトに比べて草食性が強いのもナイス!魚にとっては格好のエサです。近縁種のチェリーレッドインドグリーンなんかは色彩も鮮やかで観賞価値も高くてオススメです!

石巻、サザエ石巻、カラー石巻
こいつらのコケ取り能力はすばらしいです!まさにブルドーザーのような破壊力!水槽壁面のコケはこいつらに任せておくと良いでしょう。コラムにこいつらの力を証明する記事があるのでチェックしてみてくださいね。水槽内で大繁殖して水草を食害ということもない、優秀な奴です!
   → 石巻のコラム

オトシンクルス、オトシンネグロ
もう有名なコケ取りナマズたちですね。こいつらのいいところはしっかりコケを食うけど、水草を食害しないところです。貝に比べると機動力があり水草の葉上などきれいにしてくれます。愛嬌ある顔もグッド!

ミニブッシー
何気にチャームの生体の水槽には必ず入ってます!コケ取り能力は石巻並み、機動力はオトシンと同等。強いです!ただし成長すれば10cmほどになり、水草を若干食害しちゃいます。プレコの中ではこれでも小型な方なのですが...。流通しているものがドイツブリードであるように、繁殖が狙えるプレコです。オスの方は立派なヒゲが出てきます。後はシェルターみたいなものを用意すれば十分に狙って繁殖できますよ。

サイアミーズフライングフォックス
黒ヒゲ防止にはこいつです。徹底的な除去には繋がりませんが、ヘアーグラスに生えてくる黒ヒゲゴケなんかはこいつで予防してください。チャームの水草水槽にはほとんど入ってます。たっぷりコケを食い、今では10cmほどになってます。飼育するときはあまり人工飼料を与えないことがポイントです。

番外編
タナゴ達
タナゴは草食性が強い奴が多いです。特にカネヒラ!アオミドロなんてあっという間に始末してくれます。ただし柔らかい水草の頭もやられやすいので、コケ取りに使うなら早めに水槽から取り出してくださいね。

プラティ、グッピー
こいつらは糸状のコケをちまちまついばんでくれます。といっても効果はかなり弱くコケ取り効果は予防程度です。

ヒルストリーム系
茶ゴケは結構食ってくれます。人工飼料に慣れるまで時間がかかるため、コケの生えた水槽を用意してやると良いでしょう。ただし劇的に食べてくれるわけではないので補助としてがベストです!

ボウズハゼ系
こいつらも茶ゴケは食べます。ブラインや赤虫はそこそこ食べますが人工飼料はあんまり食べません。


コケ取り生物兵器は結構いろんな種類がいます。ポイントは雑食性の強いものは人工飼料などに慣らさないことと、草食性のものは意外にエサの工夫が必要なことです。
こいつらをもってしても倒せないコケもあります。ひとつは黒ヒゲゴケ。対抗策は黒ヒゲがついたものを水槽からだし、木酢液や食酢を塗ってしばらく置き、洗い流す。そうすると赤く変色しヤマトやミナミ、サイアミーズなんかがかなりついばんでやっつけてくれます。もうひとつはアオミドロのような長いコケでやや剛毛なタイプ。エビ水槽に入れておいたウィローモスなんかに絡みつくあいつです。はびこる前ならタナゴ君たちが食べてくれますが、剛毛になったやつは手で取り除くしかないです。
水槽という閉鎖された空間ではどうしてもコケとの戦いが避けて通れません。バランスの取れた生体量、水草の育成、水質の管理がコケを防ぐ最大のポイントです。生物兵器を有効に使ってコケとの戦いを制してください!


今回は字が多くて見づらいので最後に一枚!最近チャームにちょっと変った奴らの入荷が続いています。気になったら是非チェックしてください!特にオススメなのは“ホマロプテラ sp.”混じりの吸い付きドジョウです。非常にきれいでかっこいいです。後1匹しかいないので早めに!他にも新たに卵生メダカやカラシンが数種入荷してるのでリリースをお待ちくださいね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/242-8526a815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。