スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター オブ バクテリア “クマノミ”

カクレクマノミを飼う!!



名称未設定-1


※人工海水を作る
サンゴ礁の水温は平均すると25度なので、水槽内の水温は23度~26度にキープし夏場の水温の上昇に注意が必要です。
人工海水(カルシウムやマグネシウムが含まれ、天然海水に近い水が簡単に作れる)

※塩分濃度
比重計で、約1.021~1.030の範囲の濃度
人工海水と比重計を用意しバケツなどで人工海水を作りますが、水温は25度で、エアレージョンをする事で塩が溶けやすくなります。

※必要な器具

名称未設定-2

・水槽
・照明器具
・フィルター
・水槽台
・ヒーター

※砂を洗い水槽に敷き、人工海水を水槽に入れ、フィルターやヒーターの電源をいれます。
水質の管理には、ライブロックやバクテリア剤(ばくと・ばちるす)の手助けが必要です。
特に海水の場合には、pHが高い事でアンモニアや亜硝酸は猛毒になるのでご注意下さい。

※クマノミを水槽に入れる前には、アンモニア、亜硝酸、硝酸塩、pHの数値の確認も忘れずに。
マリン ラボ (海水用)
水合せ
温度を合せる
まず水温を合せる為、ビニール袋のまま10分くらい水槽に入れます。
特に冬場は水温差があるので、長めに入れて下さい。
水槽の水を、エアーチューブにコックを付けて、点滴の要領で少しずつ水槽の水を入れていきます。
ビニールの袋の水と魚をプラケースなどにうつしてそのプラケースへ少しずつ水を入れます。
その時に、エアーチューブは、洗濯バサミ等でしっかりと水槽に固定して下さい。
プラケース等の水が約8割くらいになったらプラケースの水だけを、約5分の1位になるまで捨てます。
再度点滴の要領で、水槽の水をプラケースへ入れてゆきます。
上記を3~5回繰り返し水合せは完了となりますが、今度はプラケースごと水槽に沈めて魚が自然と水槽内に移動するまで待ちます。

※サンゴ
1.ソフトコーラルとハードコーラル
ハードコーラルは石灰質の骨を持ち、ソフトは骨格がない
2.好日性サンゴと陰日性サンゴ
光をもとに光合成で生きている好日性、陰日性サンゴは蝕手でプランクトンなど他の生物をつかまえて成長する

育てやすいサンゴ
・ソフトコーラル
カタトサカ
マメスナギンチャク
スターポリプ
・ハードコーラル
ミズタマサンゴ
コハナガタサンゴ
キクメイシ

つづく
森田

チャーム第1回ボーリング大会

フタッフの親睦(特に新人さん)を深める為に、開催しました。
全員の参加は無理でしたけれど50人弱はいた感じです。

ボーリングが上手な人も下手な人(森田)も予測以上に楽しく、次回の開催も決定になりました。

ボーリングの後の2次会は、居酒屋でその際の席決めは・・

和製トムクルーズ(あくまでも大きなくくりで)エビ担当(今回幹事でした。)
「スコアーの良い順番に並びます」

裏ブログ担当
「え~」

森田
「スコアー順番だと、裏ブログと並ぶからいやだ~」

なとど騒ぎながらスコアーの順番に聞き耳をたて自分の名前を待ちます・・

和製トムクルーズ(あくまでも大きなくくりで)エビ担当
「○○くん」と裏ブログが呼ばれ

次に和製トムクルーズエビ担当が呼んだのは
「森田さん」

ボーリングがヘボどうし仲良くとなりで飲み食いしました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/1371-8100aff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。