スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター オブ バクテリア ”光合成”

光合成
光合成は、同化色素(クロロフィル、カロテノイド)が光のエネルギーを吸収する事でおこなわれ、吸収された光エネルギーはクロロフィルに集められて、水の分解などに使われます。
光合成は葉緑体でおこなわれ、チラコイド(クロロフィルやカロテノイド色素が埋め込まれ光を吸収し、光化学反応が行われる)とストロマ(チラコイド以外の部分)からなります。
ストロマには、二酸化炭素を有機物に変える様々な酵素が含まれ、これらの酵素が、光化学反応で光から吸収したエネルギーを使って二酸化炭素を有機物に変換します。

光合成で“カルビン・ベンソン回路”に取り込まれたCO2は、グルコースなどを経てデンプン(同化)として、一時葉緑体に蓄えらますが、やがて分解されて三炭素化合物(C3)となり、葉緑体から出て(スクロース)植物の各部に運ばれる(転流)。
転流されたスクロースは、植物の体を作る事や呼吸で消費され、再びデンプン(植物の貯蔵器官)となる。
またスクロースは、グルコースを経てセルロース(細胞壁の成分)にもなります。
このように光合成の産物は植物の成長や繁殖に使われ、農産物など蓄えられたデンプンは、私たちの食料となっています。

CO2フルセット キューブ

クリアライト CL603 50Hz

クリアライト CL603 60Hz

つづく
森田

撮影のボス(おっさん)の誕生日

レッドカーペットあひるの更新の美人さんは、可愛く綺麗な才能だけでなく、空気を読めるお嬢さんでした。
只今、更新(撮影を含む)の猛勉強中で、主にその指導にあたっているのが、撮影のボス(おっさん)です。
毎日のように、厳しくしごかれてドンドン仕事ができるようにはなっていますが、さらに厳しい撮影のボス(おっさん)からするとまだまだのようではありますが・・・

朝一番、更新の美人さんが、撮影のボス(おっさん)のデスクの横に、なにやら大きな紙袋を持ちたっています。
何事かと、耳をダンボにしていると、

更新美人さん「○○さん、お誕生日おめでとうございます。」
撮影のボス(おっさん)「・・・・・」
言葉を失う、驚きよう
(写真にとっておきたかったびっくり顔)

撮影のボス(おっさん)
「なんで誕生日知ってるの?」

得意げに、更新美人さん
「へへへ」

撮影のボス(おっさん)
「ありがとう」

本人さえ忘れていた誕生日プレゼントのサプライズでした。
更新の美人さんは、可愛いいだけではないやり手と実感したのは森田だけではないようです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/1369-66010bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。