スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター オブ バクテリア”バイオフィルム”

バクテリアの棲家 バイオフィルム(生物膜)

バイオフィルムはゼラチン状の膜で、その中にバクテリアの棲家があります
少し汚い話ですが、台所の排水部分のヌルヌルなどもバイオフィルムがコロニーになった状態です。
棲家の中には、様々な種類のバクテリアが共存していますが、その膜が大きくなると通水のない部分は嫌気層になります。

ろ材の種類により、このフィルムに覆われ、通水性がなくなる事で、好気バクテリアが死滅してしまう事があり、ろ材の特性にご注意下さい。

ろ材の選択の一番は、表面積(有効面積)の大きさで、ろ材の表面積が多いとそれだけバクテリアの吸着率が高くなりますが、通水性にもご注目、同じ多孔質でも行き止まりでない形状でないと、好気バクテリア(主にアンモニアを亜硝酸、硝酸塩に分解する)は生きてゆけません。

ゲルキューブなどは、表面が階段状にキザキザしているので、バクテリアのコロニーが全体を覆い通水を悪くする事が防げるようです。

フィルターの掃除の際には、ろ材は軽くすすぐ程度で、ゴシゴシ洗うとバクテリアも流してしまうのとすすぐ水は塩素処理(カルキ抜き)をした水でないとバクテリアが死んでしまいます。
フィルター掃除や水換えの際には、バクテリア剤の添加もお忘れなく。

つづく
森田

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/1364-b80503b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。