スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サント・ヴィクトワール山のごとき深山石かな

サント・ヴィクトワール山のごとき深山石







近代絵画の父と呼ばれ、20世紀絵画の扉を開いた後期印象派を代表する画家セザンヌは、生まれ故郷のすぐ近くにそびえるサント・ヴィクトワール山を、セザンヌは60点以上も描き続けています。

印象派展に参加するが、作品はほとんど理解されなず、はじめて入選したのは43才の時でした。
”私には約束の地が見え始めた。でも、なんだってこんなに遅く、こんなにも苦労して?”確かで永続的な境地が、どうしても重要で、それが約束の地であり、サント・ヴィクトワール山に象徴されるものだったのでしょうか?


森田

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/1352-7ecac60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。