スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背中ツヤツヤ

こんちわッす!昆虫担当の佐藤です。

GWになり昆虫は用品・生体ともに発送に追われるようになって来ました。種類もグンと増え、チャームをより利用していただけるようにがんばっていきます。

さて、今日はもっとも外国産らしいクワガタのグループであるツヤクワガタを紹介します。
名前の通り上翅の“ツヤ”が最大の特徴で、美しい色彩を持つものが多い魅力的なグループです。ツヤクワガタは東南アジアに広く生息し、日本の沖縄などに生息するマルバネクワガタと近縁で原始的な特徴を持つグループです。標本などでよく見る美しいクワガタといえばツヤクワガタのグループで、日本には生息しないグループということもあって、もっとも外国産らしいクワガタといえるのではないでしょうか。歯形がバラエティ豊かなのも特徴で、小歯~大歯までさまざまな歯型が見られます。飼育はよく言われるように発酵の進んだカブト用のマットが適しますが、ブリードに関しては難しい種なのは間違いありません。大型種の幼虫はかなり大きくなるのでブリードに挑戦しがいのある種だと思います。

飼育は簡単。
成虫の飼育は容易で、ノコギリクワガタなどと同様で構いません。ただ、オスの気は非常に荒いので必ずオスメスを分ける必要があります。上翅に黄色や肌色の模様を持つものは乾燥気味で管理したほうが美しさを維持できます。湿度があまりも高いと、上翅の傷の部分から黒ずんだりすることがあります。

第一関門の産卵。
ツヤクワガタの多くはカブト用のマットなどの発酵が進んだマット好みます。決して産卵材などに生むことは無く、カブトムシのようなセットで産卵させられます。インターメディアツヤクワガタなどは比較的簡単に産卵してくれますが、ストリアータやインペリアリスなどのようにまず生ませることが難しい種も多いです。

第二関門の幼虫。
大きな腹部が特徴的なツヤクワガタの幼虫は、土繭を作り居食いする傾向があります。種類によっては幼虫期間の土繭を壊すと死んでしまうこともあります。気温の変化や光などの外部からの刺激に非常に弱く、幼虫期間に死なせてしまうことも少なくありません。

第三関門の蛹。
ツヤクワガタの幼虫は三令期間が非常に長く、この間にせっせと土繭を作ります。この土繭の中で蛹化して成虫となります。つい気になってマットを掘っていたら土繭を壊してしまったという場合はほとんどがうまくいくことなく死亡してしまいます。土繭のために中が見えず幼虫の状況がつかみにくいので、あまりいじりまわさないほうが良いです。発酵の進んだマットだとどうしても湿度が上がりすぎるので羽化不全にも注意が必要です。メンガタクワガタなどと同様に蛹になったころに土繭少し乾燥気味にしてあげるのも良い方法です。

大型個体は難しい。
ツヤクワガタの歯形は体のサイズに比例せず、体は小さいのに長歯、体はでかいのに短歯になったりします。大きな個体で長歯を作るとなると、低温飼育が重要になってきます。18~20℃程度で管理し3令の期間でじっくりと育てることがポイントです。

チャームのツヤクワガタ





インターメディアツヤクワガタ
Odontolabis intermedia
ツヤクワガタの中でも特に大型になる種です。漆黒のボディと大きく湾曲した大アゴが迫力があります。ツヤクワガタの中では比較的、累代が簡単な種で、ツヤクワガタのブリードの入門種ともいえるでしょう。幼虫はカブトマットや菌糸カスで容易に育てられ、3令の幼虫はクワガタとは思えない大きさに育ちます。





ラコダールツヤクワガタ
Odontolabis lacordairei
スマトラ島原産の美しい上翅をもちます。スマトラ島にはよく似たワラストン、スペクタビリス、ヤスオカツヤクワガタが知られています。この3種の区別はツヤクワガタ好きでないと難しいかもしれません。






インペリアリスツヤクワガタ
Odontolabis imperialis
コウテイツヤクワガタとも呼ばれる美しいツヤクワガタです。漆黒のボディに上翅のツヤが輝いていますが、さらにひときわ目立つのが足の付け根のオレンジ。ブリードが難しいツヤクワガタの代名詞といえます。産卵、孵化までは成功例が知られていますので、ブリードに挑戦してみる価値がありますよ。






ベリコサツヤクワガタ
Odontolabis bellicosa

ツヤクワガタの中でも大アゴの発達が弱い種で、短歯型はマルバネクワガタに良く似ています。本種のように、ツヤクワガタの中でも漆黒のボディを持つものは昼行性のものが多いです。




また新たに2種類ほどツヤクワガタが来ています。一つはツヤクワガタの中でも一般的な種。もう一つはブリード難種のちょっと変わったやつです。他にも幼虫を含め数種新着で来ていますのでアップをお楽しみに!クワカブマニアの方ではちょっと知られる冷やし虫家も入荷したので、夏対策としてチェックしてみてください!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/1300-bcdb0444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。