スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイプリールフールの由来~モネの睡蓮

昔フランスでは、4月1日を新年としていましたが、時の支配者が1月1日を新年とする暦に変更し、それに対する反発から4月1日を嘘の新年として馬鹿騒ぎをしたとの説があります。
諸説ある中で、このフランス人らしい発想は、後のフランス革命、印象派の台頭・・・ドイツワールドカップのジダン(フランスの国民的英雄サッカー選手)の頭突きにつながる感じがします。
どうも好きなサッカーに話がとびましたが、“睡蓮”の連作で知られ、典型的な印象派の画家であったモネもフランスのパリ生まれです、モネは、パリオランジュリー美術館の大作“睡蓮”の出来に満足できず、国家への寄贈をゴネたとの逸話があり、自分が死ぬまで展示をするなとの条件をつけたと言われています。(実際の展示は、モネの死後でした。)
大作“睡蓮”が渋谷の文化村に展示の際に、群馬から出かけて拝観しましたが、素晴らしい作品として強く心に残っています。
モネも、自分の絵を見て感嘆する人々を、天国から見て満更ではなく感じていると良いのですが。

ご自宅に睡蓮を、絵心を誘う美しい花を・・

温帯性スイレン マダム ウィルフラン ゴネール(1株)


森田

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/1259-9193c087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。