スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稚魚、稚エビにぜひ!

某食品会社のCMで最近頻繁に聞かれる言葉、プロバイオティクス。聞いたことはあるが、どんな意味なのかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この言葉、口から摂取され、腸内微生物のバランスを改善する働きをもち、人体によい影響を与える生きた微生物の総称で現在使用されています。具体例としては、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌や納豆に含まれる納豆菌などが挙げられます。これらを摂取すると、善玉菌が免疫力、消化吸収、体長の改善の寄与する効果が期待できるようです。

このプロバイオティクスを応用したのが発酵フード 魚類用です。この商品は、乳酸菌、酵母菌、酪酸菌等の各種有益菌にエサを与え増殖させたものです。このエサを添加剤として与えてあげることで、魚に生きた有益菌を与えられ、これらの菌が生産した酵素、アミノ酸などの有益物質を摂取させられます。日々のエサの添加剤としてぜひ。生体を元気よく育てたい方は、ぜひお試しになって下さい。

ビーシュリンプやグッピーを飼育されている方にこの商品をモニターして頂いたところ、稚魚、稚エビがよく食べるのでぜひ販売してくれとのコメントを頂きました。稚魚、稚エビを元気に育てるのに絶好の一品となりそうな商品です。ぜひお試し下さい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/1251-73f6d490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロバイオティクス

流行に流されやすい、やすやすです(汗)最近よく聞く『プロバイオティクス』チャームさんのブログでも紹介されてましたぁ♪自分の体には、...

  • 2007/03/27(火) 02:05:45 |
  • はじめのbee

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。