スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼き芋をするにはもったいない

こんちわッす!生体担当の佐藤です。

最近アップされたアンブレラリーフ!今回はこいつの使い方を紹介します。

アンブレラリーフは“マジックリーフ”、“ボルネオリーフ”、“軟水葉”とも呼ばれます。ただの木の葉に見えますが、本当にただの木の葉なんです。これは東南アジアの熱帯林の木の葉で、分かりやすく言うとブラックウォーターの原料というわけです。


東南アジアや、アマゾンのネグロ川は川の水が茶色いブラックウォーターになっています。このブラックウォーターは川やその周辺の堆積物(つまり落ち葉や朽木)から流出するフミン酸や各種有機物によって作り出されます。ブラックウォーターはpHや硬度が低い非常に酸性が強い水で、ここに生息する魚はベタやアピストなどの美しい種が多いです。このブラックウォーターを簡単に作れるのがこのアンブレラリーフです。



その使用はいたって簡単で、ただこの葉っぱを水槽内に入れるだけ!ピートのようにネットにいれたりせずに使えます。もちろん砕いてフィルターにいれたり、そのまま底砂に埋めてもOKです。水槽に入れると最初は浮いていますが、次第に沈んできます。投入後、数日経つと水が黄色く色づきます。レイアウトなどで水の着色が嫌な場合はここで水換えをすれば、効果を生かしたまま着色を防ぐことができます。よりブラックウォーターにしたいときは更に枚数を増やすと良いでしょう。使いこむと葉っぱはいずれ分解され葉の葉脈部分だけが残ります。こうなったら次の葉を追加したり交換してください。


その効果は...

・pH、硬度の低下
・魚の体表の保護
・色揚げ、良好な発色
・産卵の誘発


使用に特にオススメの魚種は、
・アピスト
・ベタ、リコリスグラミー
・ラスボラ
・ディスカス
・プレコ
etc...

つまり弱酸性の水を好む全ての魚にオススメです!落ち葉という形にもメリットがあって、底に沈んだときに魚の良い隠れ家になります。特にアピストやベタは物陰に隠れることを好むため非常に相性が良いです。気づくと落ち葉の下でイチャイチャとしています。少し暗めの空間を好む彼らにはブラックウォーターは最適とも言えるでしょう。また形状が崩れにくいので掃除の時は簡単にどかせます。つまりべタンクで飼育するディスカスのブリードなんかにはもってこいです。更にネグロ川産のプレコやオトシンにも最適で、葉っぱの面に付着した様々なものを舐め取ります。チャームでも貯め水の調整やアピストやワイルドベタにもちろん使用しています。ぜひ試してみてください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chanet.blog34.fc2.com/tb.php/1211-1db7de83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。