スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター オブ バクテリア “ろ過の種類”

ろ過の種類

物理ろ過
水槽の中に浮遊しているゴミや巻き上げた土など、水の懸濁取り除く事
その濁りの原因物質の粒の大きさは様々で、大きな粒はフィルターに装着の白いウールマットなどで取り除く事ができますが、ウールの目より細かいゴミの場合にはそれを凝集しなくてはなりません。
固液分離→液体から固体を除去する

生物ろ過フィルターのろ過層に、バクテリアが吸着しやすい(コロニーをつくりやすい)表面積の大きなろ材をバクテリアの棲家にして、有機物(主に魚の排泄物や残り餌)を分解(有機物→アンモニア→亜硝酸→硝酸塩)させるろ過方法です。
自然界のように、豊富なバクテリアや自浄作用により川や海の水が生物ろ過をされますが、水槽のような小さな生態系の中で、充分なバクテリアの確保は至難となります。
定期的なバクテリア剤の添加は、水槽の水質の安定には不可欠です。

自宅の60cm水槽の外部フィルター2213が突然“ガラガラガラ”と異音を出し、これはシャフトが折れたと、翌日チャームでインペラー 2213用(スピンドル/ラバー/スピンドル受付) 50/60Hzを購入し交換しましたが、インペラーの磨耗も激しく、最近の水槽の中の崩壊寸前の状態は、十分なろ過ができていない事が原因だったと反省し水換え、フィルター(ホースなども)全般の掃除、水槽面のコケ取り、水槽の草についたコケ部分はトリミングをしてこれで安心・・・
しかし、1週間~1ヶ月を過ぎても水槽内にはまたコケが発生しだしたので、バクテリア剤“ばくと”を初めて使用してみました。
今日で、2日目ですが劇的に水がピカピカになり、これほどの効果とは正直びっくりしました。
ISO認定の工場で生産され、本国アメリカでは、既に多くのユーザーに認知となる製造者から仕入れ、持ち込んだ問屋とメーカーの談が真実と実感しました。

つづく
森田

チャーム2つの秘密の出入り口
またまた工事が開始になり、物流倉庫2箇所では商品在庫を置くスペースの不足から続々と隣接の空き地にコンテナがはいり、そのコンテナの商品を取りに行く無駄を無くす為に倉庫の横腹あたりに、1つの秘密の出入り口、工事が始まりました。
スタッフのほとんどは突然に始まった工事に戸惑い、遠目に眺めるだけですが、早速にそこを利用し近道でコンテナに移動していたのは、福島からきた柿と米少年です。
(柿と米少年のご両親は、20歳の少年を心配しわざわざお米と柿を持ち挨拶にチャームに登場しました。)
若さとは、なんと臨機応変、その行動の柔軟さに・・・・ 脱帽です。
足元があぶないとか、工事の邪魔とか注意をするのを思わず忘れてしまいました。
センター(倉庫内からお客様のご注文品を集める担当)は沢山いますが、半そでは走り回っているのは、柿と米少年だけです。
福島のご両親へ、「ご子息は元気に毎日、仕事に励んでいます。」

スポンサーサイト

マスター オブ バクテリア “5大栄養素”

5大栄養素

3大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)に、ミネラルとビタミンを加えて5大栄養素になります。
また、必須栄養素は、体内で他の栄養素から合成できない(合成だけでは分量が足らない)ので外部より摂取する必要があります。
この必須栄養素は、全ての生物に共通しているのでなく、人間(哺乳類)と植物、魚と違いあり、ミネラルもビタミンも酵素(生き物が物質を変化させ利用)の活性、機能するために不可欠な補酵素として生化学反応の主役となります。

エビの繁殖をされている方に、注目されているのがRO水に、
エビにもお勧めの濃厚ミネラル添加剤!バイオカルチャー SMW を添加する方法です。
水道水に含まれる塩素、重金属を始めエビに不必要な成分なども取り除き、必要なミネラル分だけを添加する事がエビの繁殖に非常によく、ROの浄水器とバイオカルチャーSMWをセットでご購入のお客様が最近になり目立ちます。

もちろん海水水槽の方も同様に、RO水に必須ミネラル分等の添加の方法が一般的です。
海の水は、ミネラル分等の宝庫でそこに暮らす海水魚サンゴなどには特に不足するので海水の添加剤は、必須です。
つづく
森田

深刻なチャームの業務改善の打ち合わせ中に・・
オーナーと半ズボンと3人で、先週の金曜日(2/15)に頂戴したご注文の集中により未発送(ご不便とご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありませんでした。)の不祥事の改善策の一つとして人事に関する重要な話合いをしているとオーナー夫人(オセロの黒い方に似た美人)が登場し話に参加、
一部のお客様にご迷惑をお掛けしてしまった事について、どのような人事、人員の補強など話が佳境になったその時に・・・
半ズボンが突然、オセロ(オーナー夫人)に、
「ヒゲ剃ったことある?」
なんでいきなりヒゲなのか皆目、解りませんがあまりの可笑しさに、
半ズボン以外の3人は大笑いが約5分・・
久しぶりにお腹が痛くなる程、笑ってしまいました。
(オーナー夫人の鼻の下には、ヒゲなどはありませんでした。念の為)

マスター オブ バクテリア“共生”

ソメンヤドカリとベニヒモイソギンチャク

ベニヒモイソギンチャクをつけないソメンヤドカリは、タコなどに捕食されてしまいます。
ベニヒモイソギンチャクに触れるとタコは痺れてしまうため、ソメンヤドカリは捕食者から身を守る事ができ、イソギンチャクはヤドカリが移動する事で餌の確保ができるという相互共生の関係にあります。

ソメンヤドカリは、新しい貝殻に引っ越す際にイソギンチャクを大変に上手にとり新しい貝殻に移動させイソギンチャクも大人しく移動し易いように硬く縮みヤドカリに新しい貝殻に引っ越しをてもらいます。
そのイソギンチャクの引っ越しの懸命な様子は、大変にユーモラスで必見です。


海の中では、他にも共生する生体がいます。
カクレクマノミペアとハタゴイソギンチャク
クマノミペアとシライトイソギンチャク
ネジリンボウペアテッポウエビ、好日性ソフトコーラル
などです。

チャームの海水水槽での出来事
複数いるソメンヤドカリの1匹が引っ越しの準備を始めていると、その様子をライブロックの影からジィーとみているもう1匹のソメンヤドカリがいます。
引っ越しのヤドカリが殻から出たその瞬間に、もう1匹はその貝殻がよほど気にいっていたようで横取りしてしまいました。
ビックリした引っ越しのヤドカリは、大慌てて上の方に逃げて隠れてしまい、横取りのヤドカリはせっせとイソギンチャクの引っ越し作業を始め、
なんと横取りのイソギンチャクを含め4個のイソギンチャクをつけて得意げに砂の上を闊歩しています。
殻を取られたソメンヤドカリには、新しい貝殻を用意してあげたところ早速そこに入り込みましたがイソギンチャクはなく寂しそうな様子でした。

チャーム新休憩室での出来事
スタッフが増え、休憩する場所がないので新しく休憩室をつくりました。
(特に梱包のスタッフは立ち仕事なのでお昼休みや3時の休憩は十分なくつろぎが必要です。)
梱包スタッフの皆に、おかんと呼ばれている(まだ若いのに)パートの女性は、梱包のアニメの不良のような責任者の補佐となり、その仕事ぶりもまた存在感も強烈な人です。
当然、休憩時間にも一番暖かく皆の中心に座るのは、暗黙の了解ですが、それを知らない新人がおかんの場所に座り・・・
さあ大変、当然、思いっきりどやされて隅の席に移動させられました。
おかんの背中には、沢山のイソギンチャクが見えた気がしました。

つづく
森田

マスター オブ バクテリア ”海水のコケ”

海水のコケ対策

・原因となる成分を取り除く
コケが水槽中に急激に増えると非常に見苦しくなり、生体等に影響がある場合には特に早急な対応が必要となります。
コケの養分となる成分を減らす事と余剰の照明時間を減らす、餌を与えすぎないようにする。
ROフィルターを使いケイ酸塩を取り除く事も効果的となります。


一番即効性があって一般的な対策は、コケを食べる生物を水槽内に入れる事です。
マガキガイ→砂の上に生えたコケを食べます。
シッタカ→ライブロックの表面や、水槽面についたコケを食べます。
ヤドカリも小さいタイプはコケを食べ、残りの餌の食べるので、水質の低下も抑制効果も期待できそうです。

バクテリアの力を借りて、水質の管理と改善がコケの対策には有効です。


チャームのメインストリート

梱包責任者アニメの中の不良タイプ(総勢50人近くを統率する)が、物流倉庫の中の左右行き来ができるメインストリートを梱包スタッフと協力して作り上げました。
(確かに今まで、台車でのすれ違いもできない状況でした。)

森田が
「此処凄く綺麗に整頓されて、いいよね」

待ってましたとばかりに、梱包責任者アニメの中の不良タイプ
「でしょ」
と自慢げな様子・・・

ダボダボのつなぎのポケットに手をいれたそのポーズは、やっぱりアニメでした。

梱包責任者アニメの中の不良タイプが、忙しい中、腕を組み惚れ惚れメインストリートを眺めている事を森田は知っています。

マスター オブ バクテリア “バクテリアとゲルキューブは相思相愛”

マスター オブ バクテリア “バクテリアとゲルキューブは相思相愛”

バクテリアはゼラチン状の膜、バイオフィルムの中で様々な種類が共存しています。
バクテリアがバイオフィルムを作るには、ろ材の選択が一番のポイントとなる事は以前お話しましたが、もう一点外部フィルターのろ材にバクテリアが充分に繁殖するには時間が必要です。

お急ぎ水槽の立ち上げの場合には、

Gel Cube+(ゲルキューブ・プラス) バクテリア付き ラージ 1リットル

Gel Cube+(ゲルキューブ・プラス) バクテリア付き ラージ 5リットル

1_20080211211459.jpg


人気の外部フィルター
エーハイム クラシックフィルター 2213
EX パワーフィルター 75 ユーロ
のろ材として是非ご使用下さい。

つづく
森田

森田のブログの画像を変更して
エビ好きの森田でも、もう何年もリニューアルしてないブログの画像に飽き飽き・・

更新室に電話で
バスケではセンターの更新担当(身長は190cm近い)に
「ブログのエビの画像変更して」と森田

バスケではセンターの更新担当は
「何にします?」

「私が書いたクマノミで」

「あれですか」と思いっきりひいてましたが、

「そう」
いつもとおり全然気にしない森田でした。

マスター オブ バクテリア ”バクテリアの少し詳しい説明”

バクテリアの少し詳しい説明
生体を構成の主な物質
エネルギー源→炭水化物、脂質、タンパク質
組織の生成→タンパク質、ミネラル、炭水化物、脂質、ビタミン
機能の調整→ビタミン、ミネラル、タンパク質、炭水化物、脂質
(ミネラルは無機物でそれ以外は有機物)
水槽内に、バクテリアが必要としているエネルギー源などが不足しているとバクテリアは充分な働きができません。

バクテリア
従属栄養細菌のエネルギー取得方法は、
・光合成従属栄養細菌→光合成
・化学合成従属栄養細菌→有機化合物の分解
独立栄養細菌のエネルギー取得方法は、
・光合成独立栄養細菌→光合成
・化学合成独立栄養細菌→無機化合物の分解

バクテリア
従属栄養細菌のエネルギー源
・光合成従属栄養細菌→光
・化学合成従属栄養細菌→化学物質

独立栄養細菌のエネルギー源
・光合成独立栄養細菌→光
・化学合成独立栄養細菌→化学物質

※炭素源は、従属栄養細菌は有機化合物
独立栄養細菌は、二酸化炭素になります。

シュードモナス:有機物分解細菌
栄養形式:偏性従属栄養細菌
呼吸形式:通気嫌気性細菌

ニトロソモナス:アンモニア酸化細菌
栄養形式:偏性独立栄養細菌
呼吸形式:偏性好気性細菌

ニトロバクター:亜硝酸酸化細菌
栄養形式:通性独立栄養細菌
呼吸形式:偏性好気性細菌

※人間は、有機物を食べて呼吸で酸素を取り入れエネルギーや栄養源を確保し、排泄物(炭酸ガス、水も)をだす、偏性好気性、従属栄養生物です。
人間もバクテリアも同じ生き物の仲間といえます。

つづく
森田


サポート担当のスタッフが、
「ご自宅から電話ですよ」
仕事中に私用の電話でスミマセンと受話器をとり
「何?」
無言
「どうした?」
もう一回
「何?」
やっと電話のむこうから小声で
「あの、RG30のレイアウトの件ですが・・」
は~?
「誰?」
小声で「○谷(○や)です。」
サポート電話受付担当が○谷と森田を聞き取り間違えしたようです。
○谷くんには、説明とお詫びをしました。
○谷くんは千葉から群馬に引っ越し、チャームに勤務、草のレイアウトエキスパート目指し特訓中のスタッフです。
ページに○谷くんレイアウトが掲載の際には報告します。

マスター オブ バクテリア“ソイルは何故リセットが必要か?”

ソイルは何故リセットが必要か?

ソイルの特徴

・水を弱酸性の軟水にする。
・肥料分を含み、草の育成が安易になる。
必要な栄養分や微生物、有機物(炭水化物、たんぱく質など)が含まれています。

ソイルの粒
粒には、有機物や植物の栄養分(10元素など)が含まれますが、それがなくなると粒は崩れ、それがソイルの寿命となります。
粒を作る際に各社が使用する有機物なども、粒が崩れる事で失われてしまいます。

ソイルは、陽イオンでつかんでいる肥料分など(リンPや窒素N)をはなし水に含まれるカルシウムやマグネシウムと結合します。
水槽立ち上げ当初はこのイオン交換を急速にするので、水質が酸性に多く傾くのはこの為です。
このイオン交換には、限りがあり約6ヶ月~が目安(ソイルの種類によりどれだけの栄養分が含まれ有機物の割合によりイオン交換能力に差がでる)となります。
また水槽の水の量とソイルの量にもより時期については差が出てきます。

※ソイルの定期的なリセットは、育成の生体や草の状態の維持に欠かせません。

最近人気のソイルベスト3
①マスターソイル HG ブラック 8リットル
②プロジェクトソイル 8kg
③アクアソイル―アマゾニア 9リットル

※エビ(ビー)の方の底床の定番もソイルになり、ソイルの粒に微生物が繁殖しそれをビーが食べる際に土も一緒に取り込んでいる事で活発な繁殖などの一因ではなどの説もあります。

エビブリダーに人気のソイル
①水草とシュリンプの土 黒 10kg (約9リットル)(ノーマルタイプ)
②エビ水槽簡単立ち上げ! RED BEE SAND (シュリンプ専用サンド) 8kg
③立ち上げの速さ抜群! えびくまソイル ラージ 8リットル
つづく
森田

大雪の朝の出社
スタッドレスやチェーンで自分の車でくるスタッフ、家族に送ってもらうスタッフ、比較的自宅が近い者は歩きなど様々ですが、通常とは違い全員揃うか否かハラハラします。
心配で倉庫入り口でみていると、約1k先の方に怪しい人影が・・・
赤いジャンバーに半ズボンがザッザッと行進してきます。

事務所に戻り、
「○○が、(草担当半ズボン)半ズボンで歩いてくるよ」と言うと
家族に送ってもらった注文処理担当のスタッフが
「途中歩いているのを見たけど、半ズボンで怪しすぎてとおりすぎちゃいました。」
全員大笑いの後
森田が、
「のせてあげればよかったのに」
注文処理担当真顔で
「家族に心配はかけられません。」

お昼過ぎに
草担当半ズボンに、
「歩いて、どれくらい時間かかった?」と聞くと
草担当半ズボン
「1時間」

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。