スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター オブ バクテリア

マスター オブ バクテリア

第1回”呼吸方式によるバクテリアの分類”

どんな種類のバクテリアが水槽内で有害なアンモニアや亜硝酸を分解しているのか?

・好気性細菌(バクテリア)  ニトロソモナス、ニトロバクター
・嫌気性細菌(バクテリア)  シュードモナス、バチルス

好気性細菌(バクテリア)は、アンモニアを亜硝酸、硝酸塩に分解します。
嫌気性細菌(バクテリア)のシュードモナスは、有機物(魚の排泄物や残り餌)をアンモニアに分解。

此処で少し注目点ニトロソモナス、ニトロバクターが、アンモニアを亜硝酸、硝酸塩に分解するスピードよりシュードモナスが、有機物をアンモニアにするスピードの方がはるかに速いので、ニトロソモナスやニトロバクターのバクテリア添加剤が必要なことと、水槽内に自然発生するだけでは、水槽内の水質維持と管理はできないので、定期的なバクテリア剤の添加が必要です。

もう1点バクテリアも生き物で最適な環境を作る事が、水槽内の水質の向上にはかかせません。
魚の育成条件やストレス等には気を配りますが、同じ生き物のバクテリアにはほとんど何の対応もしていない事が多いようです。
魚の種類により育成方法が違うように、バクテリアも同じです。

※水槽では、魚や草の飼育と同様にバクテリアも飼育しする事が大切です。

つづく
森田
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。