スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テカテカ

こんちわッす!昆虫担当の佐藤です。

本当に暑い日が続いていますが、暑さ対策は大丈夫でしょうか?採集に行く人に聞くと、今年は国内のカブクワの発生も早いそうです。小学校ではプール開きも行われ、夏休みが近い子供達はお父さんに頼んで、早い時期に採集に連れて行ってもらわないと、夏の終わりには採りづらくなってしまいますよ。

さて、今日はアフリカの黒いダイヤ、タランドスオオツヤクワガタを紹介します。ツヤクワガタという名前が付いていますが、東南アジアのツヤクワガタとは形態が大きく異なるだけでなく、その生態も全く異なります。漆塗りにたとえられる輝くツヤ、湾曲した力強い大アゴ...。この魅力にとりこになる方も多く、ブリード技術もほぼ確立されました。威嚇時に体をバイブレーションさせる面白い行動も見せてくれます。
アフリカの中部~西部に生息し、大アゴがやや細くなるレギウスがカメルーンの西部から知られています。このレギウスとタランドスの関係ははっきりした境界線が引かれておらず、亜種として扱われる場合もあれば、形態が異なる地域変異の1タイプだと言われる場合もあります。レギウスからはきちんとレギウスが生まれてくることから亜種ぐらいの差は...とも思います。どちらにせよ分類で両種の魅力が変わるわけではなく、見た目の好みが一番大事ではないかと思います。

飼育は簡単。
成虫の飼育は容易で、新成虫からの飼育であれば1年程度生きる長寿な種です。ただ非常に大食漢なのでエサは切らさないように注意してください。大アゴの挟む力が強く、ヒラタ系と同様に手に傷を負うことがないように注意して下さい。

神秘的な卵。
タランドスは羽化してから成熟まで半年程度の期間を要します。十分に成熟して交尾をしたら産卵です。タランドスの産卵になくてはならないのがカワラ材とカワラの菌床です。タランドスは基本的に材産みでマットに産卵することはありません。やや固めのカワラ材やカワラの菌床を産卵セットに入れてあげる必要があります。メスが産む緑色の卵は神秘的です。

爆産は難しい?
タランドスがブリードが難しいとされる要因は爆産が難しいところです。特にワイルド個体はなかなか数を生まないことが多いです。産卵数を上げるにはまず、カワラ材、カワラ菌床などの産卵床を多めに用意してあげてメスに気に入ったものを選ばさせること。カワラ材やカワラ菌床にあらかじめ穴を開けてメスが潜りやすくしてあげること。最後にカワラ材やカワラ菌床をまめに交換することです。産卵が始まったメスは材に潜って産卵しますが、そのまま出てこないでただ潜っているだけの状態になることがあります。そこで材をまめに交換してあげて継続的に産卵をさせてあげるのがポイントになります。

最後までカワラ。
産卵した卵が孵化し幼虫が得られたら、カワラの菌糸ビンに投入します。カワラの菌糸ビンは菌の勢いが強く扱いがやや難しいところがあります。特に幼虫投入時に削った表面の皮膜が、すぐに再生して菌糸ビン内部が酸欠に陥りやすいところがネックになります。酸欠にならないようにふたを少し開けたり、菌糸ビンの菌床部分に穴を開けてあげてください。カワラの菌糸ビンは劣化も早いので交換も重要です。

狙え大型個体。
ブリードで90mmを出すのはまだまだ難しく、80mm台にのせられれば十分大型といえるでしょう。ワイルド個体の90mmオーバーとなると非常に価値の高い物になります。ポイントは低温飼育と早めのビン交換です。タランドスの幼虫は非常に大食漢です。3令以降は大きめのビンで飼育し、蛹化するまえには温度を上げて縮みを減らしてあげてください。




夏休みにカブクワを採りにいけなかったときは、チャームのページに来て見てください。お父さんにかっこいいカブクワをお願いをしましょう!
スポンサーサイト

テカテカ

こんちわッす!昆虫担当の佐藤です。

本当に暑い日が続いていますが、暑さ対策は大丈夫でしょうか?採集に行く人に聞くと、今年は国内のカブクワの発生も早いそうです。小学校ではプール開きも行われ、夏休みが近い子供達はお父さんに頼んで、早い時期に採集に連れて行ってもらわないと、夏の終わりには採りづらくなってしまいますよ。

さて、今日はアフリカの黒いダイヤ、タランドスオオツヤクワガタを紹介します。ツヤクワガタという名前が付いていますが、東南アジアのツヤクワガタとは形態が大きく異なるだけでなく、その生態も全く異なります。漆塗りにたとえられる輝くツヤ、湾曲した力強い大アゴ...。この魅力にとりこになる方も多く、ブリード技術もほぼ確立されました。威嚇時に体をバイブレーションさせる面白い行動も見せてくれます。
アフリカの中部~西部に生息し、大アゴがやや細くなるレギウスがカメルーンの西部から知られています。このレギウスとタランドスの関係ははっきりした境界線が引かれておらず、亜種として扱われる場合もあれば、形態が異なる地域変異の1タイプだと言われる場合もあります。レギウスからはきちんとレギウスが生まれてくることから亜種ぐらいの差は...とも思います。どちらにせよ分類で両種の魅力が変わるわけではなく、見た目の好みが一番大事ではないかと思います。

飼育は簡単。
成虫の飼育は容易で、新成虫からの飼育であれば1年程度生きる長寿な種です。ただ非常に大食漢なのでエサは切らさないように注意してください。大アゴの挟む力が強く、ヒラタ系と同様に手に傷を負うことがないように注意して下さい。

神秘的な卵。
タランドスは羽化してから成熟まで半年程度の期間を要します。十分に成熟して交尾をしたら産卵です。タランドスの産卵になくてはならないのがカワラ材とカワラの菌床です。タランドスは基本的に材産みでマットに産卵することはありません。やや固めのカワラ材やカワラの菌床を産卵セットに入れてあげる必要があります。メスが産む緑色の卵は神秘的です。

爆産は難しい?
タランドスがブリードが難しいとされる要因は爆産が難しいところです。特にワイルド個体はなかなか数を生まないことが多いです。産卵数を上げるにはまず、カワラ材、カワラ菌床などの産卵床を多めに用意してあげてメスに気に入ったものを選ばさせること。カワラ材やカワラ菌床にあらかじめ穴を開けてメスが潜りやすくしてあげること。最後にカワラ材やカワラ菌床をまめに交換することです。産卵が始まったメスは材に潜って産卵しますが、そのまま出てこないでただ潜っているだけの状態になることがあります。そこで材をまめに交換してあげて継続的に産卵をさせてあげるのがポイントになります。

最後までカワラ。
産卵した卵が孵化し幼虫が得られたら、カワラの菌糸ビンに投入します。カワラの菌糸ビンは菌の勢いが強く扱いがやや難しいところがあります。特に幼虫投入時に削った表面の皮膜が、すぐに再生して菌糸ビン内部が酸欠に陥りやすいところがネックになります。酸欠にならないようにふたを少し開けたり、菌糸ビンの菌床部分に穴を開けてあげてください。カワラの菌糸ビンは劣化も早いので交換も重要です。

狙え大型個体。
ブリードで90mmを出すのはまだまだ難しく、80mm台にのせられれば十分大型といえるでしょう。ワイルド個体の90mmオーバーとなると非常に価値の高い物になります。ポイントは低温飼育と早めのビン交換です。タランドスの幼虫は非常に大食漢です。3令以降は大きめのビンで飼育し、蛹化するまえには温度を上げて縮みを減らしてあげてください。




夏休みにカブクワを採りにいけなかったときは、チャームのページに来て見てください。お父さんにかっこいいカブクワをお願いをしましょう!

チャームむし?

こんちわッす!昆虫担当の佐藤です。

今日は最近追加された昆虫の中からこれはというものを紹介します。一般種から、変わったもの、あまり人気のない種類まで広く扱っていけるようにがんばっていきます。




レギウスオオツヤクワガタ “カメルーン産”(WD)
Mesotopus tarandus regius

なんとレギウスのワイルドが来てしまいました。アフリカ、南米のワイルドものはとれる便も少なく、流通も僅かです。値段がどうしても高くなってしまうのも辛いところです。



ポリトゥスノコギリクワガタ “インド マニプール産”(WD)
Prosopocoilus politus

国産のノコギリクワガタのメスと疑われそうですが、インドの珍品とも呼ばれるノコギリクワガタです。メスの同定がいままでつかず、初輸入となりました。マニアの方に楽しんでもらうような種ですが、こいつの魅力は、標本の数が少ない、標本では60mmの大型個体が見られている、ブリードは未知数、の3点です。挑戦したくなるでしょう?



アトラスオオカブト “マレーシア ケランタン産”(WD)
Chalcosoma atlas
超一般種のアトラスですが、マレーシアからの入荷は初めてではないでしょうか?全体的に華奢で、繊細な感じではありますが、スマトラ産のものとは雰囲気が大きく異なります。一般種ゆえに注目も浴びませんが、ちょっと面白い一品です。残念なことにB品のみです。



ヨーロッパミヤマクワガタ “南フランス産”
Lucanus cervus cervus
ヨーロッパミヤマの幼虫が入荷、3令ペアでのリリースですよ!この画像の85mmの個体はXL―POTのカワラタケで作出した個体です。最後の羽化のときだけは発酵マットを使いました。ミヤマというと発酵マットが使われますが、ヨーロッパミヤマはカワラの菌糸ビンでもいけます。コストはかかりますが、大型個体を簡単に作ることができますよ。温度やビンのサイズを調節して突き詰めれば90mmにのせるのは不可能ではないはずです。



ディディエールシカクワガタ “マレーシア キャメロンハイランド産”
Rhaetulus didieri
シカクワガタの中でも大アゴの湾曲、サイズ、美しさでバランスが取れています。シカクワガタは産卵数が少なく、ブリードはなかなか難しい部類になりますが、大事に育てて大型個体を作りたいところです。フタマタクワガタと同様に攻撃的で俊敏な動きに魅了されてしまいます。


ところでサービス品に気が付かれたでしょうか?昆虫もサービス品を用意いたしました。昆虫生体購入時限定で、ゼリーやプラケースを始め、菌糸ビンまでラインナップされています。菌糸ビンはこれを機会にちょっと試してみたり、急遽昆虫が増えてしまったときにゼリーやプラケース、プリンカップなどは重宝するはずです!

なかでもオススメは“邑楽むし”。チャームの物流倉庫の周辺で捕獲されたやつらです。一般種ばかりですが子供へのちょっとしたサービスにと思ってご用意しました!ネーミングもなかなかだと思っています。

一応インドネシア便の入荷が予定されていますので、お楽しみにお待ちください!

チャームむし?

こんちわッす!昆虫担当の佐藤です。

今日は最近追加された昆虫の中からこれはというものを紹介します。一般種から、変わったもの、あまり人気のない種類まで広く扱っていけるようにがんばっていきます。




レギウスオオツヤクワガタ “カメルーン産”(WD)
Mesotopus tarandus regius

なんとレギウスのワイルドが来てしまいました。アフリカ、南米のワイルドものはとれる便も少なく、流通も僅かです。値段がどうしても高くなってしまうのも辛いところです。



ポリトゥスノコギリクワガタ “インド マニプール産”(WD)
Prosopocoilus politus

国産のノコギリクワガタのメスと疑われそうですが、インドの珍品とも呼ばれるノコギリクワガタです。メスの同定がいままでつかず、初輸入となりました。マニアの方に楽しんでもらうような種ですが、こいつの魅力は、標本の数が少ない、標本では60mmの大型個体が見られている、ブリードは未知数、の3点です。挑戦したくなるでしょう?



アトラスオオカブト “マレーシア ケランタン産”(WD)
Chalcosoma atlas
超一般種のアトラスですが、マレーシアからの入荷は初めてではないでしょうか?全体的に華奢で、繊細な感じではありますが、スマトラ産のものとは雰囲気が大きく異なります。一般種ゆえに注目も浴びませんが、ちょっと面白い一品です。残念なことにB品のみです。



ヨーロッパミヤマクワガタ “南フランス産”
Lucanus cervus cervus
ヨーロッパミヤマの幼虫が入荷、3令ペアでのリリースですよ!この画像の85mmの個体はXL―POTのカワラタケで作出した個体です。最後の羽化のときだけは発酵マットを使いました。ミヤマというと発酵マットが使われますが、ヨーロッパミヤマはカワラの菌糸ビンでもいけます。コストはかかりますが、大型個体を簡単に作ることができますよ。温度やビンのサイズを調節して突き詰めれば90mmにのせるのは不可能ではないはずです。



ディディエールシカクワガタ “マレーシア キャメロンハイランド産”
Rhaetulus didieri
シカクワガタの中でも大アゴの湾曲、サイズ、美しさでバランスが取れています。シカクワガタは産卵数が少なく、ブリードはなかなか難しい部類になりますが、大事に育てて大型個体を作りたいところです。フタマタクワガタと同様に攻撃的で俊敏な動きに魅了されてしまいます。


ところでサービス品に気が付かれたでしょうか?昆虫もサービス品を用意いたしました。昆虫生体購入時限定で、ゼリーやプラケースを始め、菌糸ビンまでラインナップされています。菌糸ビンはこれを機会にちょっと試してみたり、急遽昆虫が増えてしまったときにゼリーやプラケース、プリンカップなどは重宝するはずです!

なかでもオススメは“邑楽むし”。チャームの物流倉庫の周辺で捕獲されたやつらです。一般種ばかりですが子供へのちょっとしたサービスにと思ってご用意しました!ネーミングもなかなかだと思っています。

一応インドネシア便の入荷が予定されていますので、お楽しみにお待ちください!

産卵セット?

こんちわッす!昆虫担当の佐藤です。

初夏の暑さで、温度調整が必要な日もでてきました。これからの季節は暑さ対策が必要になってきますよ。

今日は採卵飼育セットを紹介します!
昆虫の飼育の醍醐味はなんといってもブリード!猫や犬のように何年も生きているわけではなく、昆虫の多くの種が発生期の僅かな期間だけ成虫をみることができます。長寿で冬眠が可能なオオクワの仲間を除けば、多くのカブト・クワガタの寿命は3ヶ月~1年となります。昆虫にとって成虫の期間は子孫を残すための最終形態。幼虫の期間の方が長いのが一般的で、成長が可能なのもこの時期だけ。成虫は最後の役割のために消耗していくだけの形態ともいえます。そんな成虫は昆虫の形態の中でも最も美しく、はかないものです。これを残しておく方法のひとつとして標本がありますが、もう一つ大事なのがブリードです。


昆虫のブリードは適切な環境さえ用意できれば、ほとんどの種で難しいものではありません。大事なのは何に産卵するのかということと、温度、湿度で決まってくると思います。そこでまずは簡単にブリードが楽しめるように採卵セットを用意しました。

チャームのオリジナルセット

オオクワ産卵飼育セット
国産オオクワガタ、ホーペイなどの採卵に適したセットです。初心者の方は、メスの材の好みや朽ち方などを考えると、産卵木は複数本用意してあげる方が無難だと思います。オオクワ系はカワラ植菌材を使えば爆産もありえます。メスはしっかりタンパク質豊富なエサを与えるとより産卵数が増えます。残酷ですがカブトムシの蛹を食べさせるのも良く知られた爆産の方法です。


ヒラタ、ノコギリ産卵飼育セット
多くのクワガタに使えるセットです。当店でもパラワンオオヒラタやギラファ等のブリードにほぼ同じセットを使用しています。底のマットを5cm程硬く詰めるのがポイントです。プラケースにヒビが入るなんてことは、よくあることなので気にせずに硬く詰めてください。ただしその上に被せるマットは詰めすぎに注意してください。上まで硬く詰めるやり方だとメスの体力消耗が大きいので、短命なワイルドのノコギリ、ミヤマ系では大きな負担になりかねないです。材にあまり産まないタイプ(ノコギリ、ミヤマ)なら産卵木は足場程度に1本でも構いません。


カブトムシ産卵飼育セット
カブトムシは比較的産卵させるのが容易ですが、マットの質が重要です。XLマットならほとんどの種で簡単に産卵が可能で、当店でもレイディのブリードなどにほぼ同じセットを使っています。サイズ的に国産カブト・中型カブト用として考えていますが、ヘラクレス級のサイズでも問題はないです。ただ大型種であまりに狭いケースだと、メスが産卵場所を探しているときに、すでに産んだ卵をつぶしてしまったりします。まめに採卵してあげるか、もっと大きなケースを使用するほうがいいかもしれません。


他にも成虫の管理が容易なセットや初心者の方でも楽しめるセットも用意していますので、目的にあったものを選んでいただけたらと思います。

気づいた方もいるかもしれませんが、インド便、マレーシア便が少し来ていました。現在当店でブリードしているものは、まだまだ先ですがリリースを楽しみにしていただけたら思います。ワイルドのレギウスも少量だけ来ているので興味のある方は是非!

産卵セット?

こんちわッす!昆虫担当の佐藤です。

初夏の暑さで、温度調整が必要な日もでてきました。これからの季節は暑さ対策が必要になってきますよ。

今日は採卵飼育セットを紹介します!
昆虫の飼育の醍醐味はなんといってもブリード!猫や犬のように何年も生きているわけではなく、昆虫の多くの種が発生期の僅かな期間だけ成虫をみることができます。長寿で冬眠が可能なオオクワの仲間を除けば、多くのカブト・クワガタの寿命は3ヶ月~1年となります。昆虫にとって成虫の期間は子孫を残すための最終形態。幼虫の期間の方が長いのが一般的で、成長が可能なのもこの時期だけ。成虫は最後の役割のために消耗していくだけの形態ともいえます。そんな成虫は昆虫の形態の中でも最も美しく、はかないものです。これを残しておく方法のひとつとして標本がありますが、もう一つ大事なのがブリードです。


昆虫のブリードは適切な環境さえ用意できれば、ほとんどの種で難しいものではありません。大事なのは何に産卵するのかということと、温度、湿度で決まってくると思います。そこでまずは簡単にブリードが楽しめるように採卵セットを用意しました。

チャームのオリジナルセット

オオクワ産卵飼育セット
国産オオクワガタ、ホーペイなどの採卵に適したセットです。初心者の方は、メスの材の好みや朽ち方などを考えると、産卵木は複数本用意してあげる方が無難だと思います。オオクワ系はカワラ植菌材を使えば爆産もありえます。メスはしっかりタンパク質豊富なエサを与えるとより産卵数が増えます。残酷ですがカブトムシの蛹を食べさせるのも良く知られた爆産の方法です。


ヒラタ、ノコギリ産卵飼育セット
多くのクワガタに使えるセットです。当店でもパラワンオオヒラタやギラファ等のブリードにほぼ同じセットを使用しています。底のマットを5cm程硬く詰めるのがポイントです。プラケースにヒビが入るなんてことは、よくあることなので気にせずに硬く詰めてください。ただしその上に被せるマットは詰めすぎに注意してください。上まで硬く詰めるやり方だとメスの体力消耗が大きいので、短命なワイルドのノコギリ、ミヤマ系では大きな負担になりかねないです。材にあまり産まないタイプ(ノコギリ、ミヤマ)なら産卵木は足場程度に1本でも構いません。


カブトムシ産卵飼育セット
カブトムシは比較的産卵させるのが容易ですが、マットの質が重要です。XLマットならほとんどの種で簡単に産卵が可能で、当店でもレイディのブリードなどにほぼ同じセットを使っています。サイズ的に国産カブト・中型カブト用として考えていますが、ヘラクレス級のサイズでも問題はないです。ただ大型種であまりに狭いケースだと、メスが産卵場所を探しているときに、すでに産んだ卵をつぶしてしまったりします。まめに採卵してあげるか、もっと大きなケースを使用するほうがいいかもしれません。


他にも成虫の管理が容易なセットや初心者の方でも楽しめるセットも用意していますので、目的にあったものを選んでいただけたらと思います。

気づいた方もいるかもしれませんが、インド便、マレーシア便が少し来ていました。現在当店でブリードしているものは、まだまだ先ですがリリースを楽しみにしていただけたら思います。ワイルドのレギウスも少量だけ来ているので興味のある方は是非!

浮気ではなく本気!

こんちわッす!昆虫担当の佐藤です。

シーズンになり新着がドンドンとアップされています。その中でも今回紹介するのはフタマタクワガタの仲間。東南アジアに生息するクワガタで、ノコギリクワガタやシカクワガタに近い種と言われています。特徴的なのはまさしく“フタマタ”になる大アゴと発達した頭盾。マンディブラリスやリノケロスといった大型種が知られ、オスは非常に攻撃的で、でかい図体に似合わない俊敏な動きを見せてくれます。学名の“hexarthrius”は6節からなる触覚を示しています。


成虫はノコギリクワガタと同じ
成虫の飼育は大型のノコギリクワガタと同様に、転倒防止の材が必要です。また大アゴの形状からワイドなカップのエサを用意してあげる必要があります。そしてオスとメスは必ず分けて飼育してください。

産卵するかは♀次第。
フタマタクワガタの仲間はオオクワガタなどと同様に産卵木に産卵する材産みです。柔らかい材が適しているようですが、厄介なのは産卵するかしないかの差が激しいことです。産んでくれる場合は多産のことが多いのですが、まったく産まないこともあります。ワイルド個体では♀の状態次第ということでしょうか。

大型個体は難しくないけど。
フタマタクワガタの仲間は大型個体を作りやすいのも魅力の一つです。幼虫は菌糸ビン、マットのどちらでも育成可能で、特に菌糸ビンを使用し低温飼育することで大型個体も作出可能です。とはいっても野外もののギネスにはおよびませんが。そしてブリードで厄介なのが性比に偏りが出ることがあります。魚の場合は水質などの外的要因も考えられますが、フタマタクワガタの場合ははっきりとは原因がわかっていません。

大アゴのバリエーション
リノケロスフタマタはバロンとガルーダと呼ばれる2種類の大アゴの形態を持ちます。丸く湾曲するバロンが最も一般的で、直線的に大アゴが伸びるガルーダタイプは非常に希少性の高いものです。マンディブラリスにも大アゴが細いものと太いものが見られます。次に話しますが中にはレアな個体も見られます。

同定。
フタマタクワガタのブリードでネックになるのが♀の同定。というのも♀は非常に区別が付きづらくプロでも判別は困難を極めます。しかも同所的に生息が見られるセアカフタマタとマンディブラリスは交雑が可能で、天然個体の中でも交雑してしまったレアな個体が見られます。大アゴの形状のバリエーションも交雑による中間型との説もあります。

チャームのフタマタ





マンディブラリスフタマタクワガタ “スマトラ産”
Hexarthrius mandibularis sumatranus

フタマタクワガタの中でも最強、最大の種です。ギラファに並ぶ体長は世界最大のクワガタといえるでしょう。スマトラ産のものは体の幅もあり大型になると言われます。






リノケロスフタマタクワガタ “スマトラ産”
Hexarthrius rhinoceros rhinoceros
マンディブラリスに次ぐ大きな体長を持ちます。リノケロスはサイという意味で、ジャワ産の基亜種は大アゴが大きく湾曲し、スマトラ産では弧を描くように緩やかに湾曲します。






ブケットフタマタクワガタ “ジャワ産”
Hexarthrius buqueti
次に紹介するセアカフタマタクワガタに良く似た種ですが、上翅の明色部分がない漆黒の体を持ちます。やや地味な印象からメジャー種には届きませんが、安価で魅力的な種です。






セアカフタマタクワガタ “スマトラ産”
Hexarthrius parryi paradoxus
フタマタクワガタの中でも上翅に明色が入る美しい種です。安価で飼育も容易なことからフタマタ系の入門種として人気の種です。大きく湾曲した大アゴも含め迫力も十分です。



出荷量も増え、新着のUPも忙しくなって来ましたが、まだまだ新着は来ています。以前言っていたパプアキンイロの仲間も来ていますよ!人気の国産オオクワがタもさらに数産地来たのでチェックしてみてください。幼虫ではありますがまだまだ違う産地も来ています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。