スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクガメ飼育の必需品!

リクガメを飼育されている方にぜひご使用になってもらいたいのがマルベリーCa マルベリーカルシウムです。この商品はCaと名前につくだけあって、カルシウムを中心に構成したサプリメントフードです。通常に与えている餌にまぶすなどして与えてみてほしい商品です。


リクガメは背骨をはじめとして、甲羅の形成にもカルシウムを多く必要としています。そのため、注意していないと、カルシウム不足に陥りやすい生き物と言えます。というのは、リクガメは主に葉野菜に中心に食べていますが、この葉野菜のカルシウムは吸収されにくい場合が多く、吸収率が低いとされています。そのため、カルシウムを別に与えてあげないと、排泄するカルシウムの方が吸収する量を上回り、その結果、カルシウム不足に陥ってしまうのです。
また、成長期のリクガメや抱卵している雌などは特にカルシウム要求量が高くなりますので、一層の注意を払った方がよいでしょう。


こういった問題を未然に防ぐため、ぜひマルベリーCa マルベリーカルシウムといった商品でカルシウムの補給させてあげて下さい。その他、ミネラルパウダーなんかも一押しできる商品です。
スポンサーサイト

リクガメ飼育の必需品!

リクガメを飼育されている方にぜひご使用になってもらいたいのがマルベリーCa マルベリーカルシウムです。この商品はCaと名前につくだけあって、カルシウムを中心に構成したサプリメントフードです。通常に与えている餌にまぶすなどして与えてみてほしい商品です。


リクガメは背骨をはじめとして、甲羅の形成にもカルシウムを多く必要としています。そのため、注意していないと、カルシウム不足に陥りやすい生き物と言えます。というのは、リクガメは主に葉野菜に中心に食べていますが、この葉野菜のカルシウムは吸収されにくい場合が多く、吸収率が低いとされています。そのため、カルシウムを別に与えてあげないと、排泄するカルシウムの方が吸収する量を上回り、その結果、カルシウム不足に陥ってしまうのです。
また、成長期のリクガメや抱卵している雌などは特にカルシウム要求量が高くなりますので、一層の注意を払った方がよいでしょう。


こういった問題を未然に防ぐため、ぜひマルベリーCa マルベリーカルシウムといった商品でカルシウムの補給させてあげて下さい。その他、ミネラルパウダーなんかも一押しできる商品です。

栄養満点 桑の葉

今日ご紹介したい商品はマルベリーCaです。この商品は両生類や爬虫類専用の飼料添加剤です。使用している原料は桑の葉と3種類の異なるカルシウムです。桑の葉というと、群馬県は養蚕がさかんでしたので、私の子供時代にはあちらこちらで桑畑を見かけたものです。カイコのエサとして名が知れていますね。栄養素の宝庫です。

そんな栄養素満載の桑の葉を配合した商品ですので、リクガメや成長期の両生類、爬虫類を飼育されている方に大変おすすめできます。滋養強壮にお試しになられてはいかがでしょうか。

栄養満点 桑の葉

今日ご紹介したい商品はマルベリーCaです。この商品は両生類や爬虫類専用の飼料添加剤です。使用している原料は桑の葉と3種類の異なるカルシウムです。桑の葉というと、群馬県は養蚕がさかんでしたので、私の子供時代にはあちらこちらで桑畑を見かけたものです。カイコのエサとして名が知れていますね。栄養素の宝庫です。

そんな栄養素満載の桑の葉を配合した商品ですので、リクガメや成長期の両生類、爬虫類を飼育されている方に大変おすすめできます。滋養強壮にお試しになられてはいかがでしょうか。

カメの飼育のアドバイスを

亀の飼育についてアドバイスを下さいとのメールを頂きました。そこで、こちらでも紹介致します。

・収納容器
カメが脱走しない大きさであればOKです。熱帯魚や金魚の飼育に使用されている水槽でももちろん問題ないですよ。

・照明
カメは昼夜の別を、特に必要とする生き物です。昼間は多くの種類が日光を浴びて甲や皮膚の乾燥、ビタミンDの合成を行い、夜は寝ます。
(種類により夜行性のカメもいます。)
生活のサイクルを再現する為にも、屋内飼育の場合、照明器具は必需品となります。
カメ飼育の照明には多かれ少なかれ有用紫外線(UVB)が含まれている事が必要で、爬虫類専用の製品(フルスペクトルライト)をご使用下さい。

・保温器具
寒くなる季節の保温が必要で、熱帯魚用(サーモスタット付)のヒーターがお勧めです。
また水の中だけでなく、陸地の保温には、シートタイプのヒーターが便利となります。

・シェルター 陸地
臆病な種や神経質な種は、隠れ家となるものが水槽内にあると良い場合があります。 水中に人工の植物など配しておくと、底に隠れて落ち着く場合があります。
浮島など、表面が樹脂製のものでカメの甲羅を傷つけないもの、水はけが良くしっかり乾くことが必要となります。

・日常のケアについて
水槽内は常に清潔に保つ事が一番で、水換えも是非頻繁にして下さい。
カメが水を飲まず水中にいながら脱水症状を起こしてしまいます。
また、清潔に保つ事でカメの病気の発生も予防する事ができます。

以上簡単ですが、カメの飼育について記載しました。
参考にして頂けたらと。
ちなみにチャームのカメ用品はこちらになります。今後もラインナップを充実させていきますので、ご期待を!

カメの飼育のアドバイスを

亀の飼育についてアドバイスを下さいとのメールを頂きました。そこで、こちらでも紹介致します。

・収納容器
カメが脱走しない大きさであればOKです。熱帯魚や金魚の飼育に使用されている水槽でももちろん問題ないですよ。

・照明
カメは昼夜の別を、特に必要とする生き物です。昼間は多くの種類が日光を浴びて甲や皮膚の乾燥、ビタミンDの合成を行い、夜は寝ます。
(種類により夜行性のカメもいます。)
生活のサイクルを再現する為にも、屋内飼育の場合、照明器具は必需品となります。
カメ飼育の照明には多かれ少なかれ有用紫外線(UVB)が含まれている事が必要で、爬虫類専用の製品(フルスペクトルライト)をご使用下さい。

・保温器具
寒くなる季節の保温が必要で、熱帯魚用(サーモスタット付)のヒーターがお勧めです。
また水の中だけでなく、陸地の保温には、シートタイプのヒーターが便利となります。

・シェルター 陸地
臆病な種や神経質な種は、隠れ家となるものが水槽内にあると良い場合があります。 水中に人工の植物など配しておくと、底に隠れて落ち着く場合があります。
浮島など、表面が樹脂製のものでカメの甲羅を傷つけないもの、水はけが良くしっかり乾くことが必要となります。

・日常のケアについて
水槽内は常に清潔に保つ事が一番で、水換えも是非頻繁にして下さい。
カメが水を飲まず水中にいながら脱水症状を起こしてしまいます。
また、清潔に保つ事でカメの病気の発生も予防する事ができます。

以上簡単ですが、カメの飼育について記載しました。
参考にして頂けたらと。
ちなみにチャームのカメ用品はこちらになります。今後もラインナップを充実させていきますので、ご期待を!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。