スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダカの飼育

暖かい季節になってきました。先日も書きましたが、自宅で飼育しているメダカが産卵しました。なかなかうれしいものです。メダカは容易に産卵の楽しさに触れられるので、アクアリウムに興味があるけど、何を飼おうか悩んでいる人なんかには大変おすすめです。ちなみにチャームでは現在、クロメダカヒメダカシロメダカを扱っています。今後他の種も扱っていけたらと思っております。

ここでメダカの飼育についてちょっと書いてみます。

・メダカの飼育容器
メダカですが、インターネットで調べてみると、皆さん実に色々な飼育容器で飼育されています。水槽で飼育されている方、睡蓮鉢で飼育されている方、プランターで飼育されている方、多種多様です。飼育容器についてはお好みで選択されるといいでしょう。チャームでも水槽水鉢について多数ラインナップを用意しています。ぜひご覧になって下さい。

・メダカの飼育数
目安としては、多くて1リットルの水に1匹くらいがよいようです。30cm水槽で6匹くらい、40cm水槽で10匹くらいが理想です。

・メダカ飼育の水
水については水道水をそのままご使用になるのは避けて下さい。バケツ等に2~3日程くみ置きしておいて、水中の塩素を除去してあげましょう。お急ぎの方はテトラ メダカの水つくりジクラ ウォーター メダカ等をご使用になって、水道水を調整してからご使用になるとよいでしょう。尚、ご使用の際は、注意書きをよくご覧になって適量を使用するようにして下さい。
また、水換えは少量(1/4)くらいを定期的に行うのがよいでしょう。

・メダカ飼育の水温
メダカは比較的高い水温、低い水温にも適応できます。ただ、適応はできますが、理想的な水温は25℃~28℃くらいのようです。できればこの辺の水温帯で飼育してあげたいものです。尚、メダカは水温の急激な変化には弱いです。できれば、一定の水温を保ってあげるようにして下さい。

・底砂
できれば底砂を用意してあげた方がよいでしょう。水草を植えるには当然必要となりますが、それ以外に、メダカの出した排泄物を分解する消化細菌が住み着くのに必要となります。また、底砂がないとメダカが出したフン等が水槽の底に一目瞭然となるため、外観上もあまりよくないと思います。

・エアーレーション
メダカが生きていくには当然ながら、酸素が必要となるため、エアーレーションを行うのもよいです。ただし、エーレーションを行う場合は水流の強さに気をつけるようにして下さい。メダカは一般的に強い水流を嫌います。

・水草
水草は外観上も水槽のアクセントに絶好ですし、水質を維持する上でもあるとよいでしょう。また、メダカの産卵にも役立ちます。水草の中には育成し易いものもありますので、興味がある水草がありましたら、メダカの飼育とともに、水草の育成もぜひ楽しんでください。
ここで、メダカを育成している方に好まれる水草を数点以下に記載しておきます。
マツモ
ホテイ草(ホテイアオイ)
アナカリス(オオカナダモ)

・エサ
基本的にメダカは雑食性ですので、色々な種類のものを食べます。メダカ専用のエサも多数ありますので、ご利用になってみては。エサを与える量は数分で食べきれる量にして、1日1~2回ほど与えて下さい。

基本的に上記のものを用意すれば、メダカの飼育は問題ないと思います。購入する飼育用品を選ぶのが面倒という方はチャームで販売している、水草スターターセットあるいは熱帯魚スターターセット等をご購入されてもよいと思います。ぜひ、メダカの魅力に触れてみて下さい。
スポンサーサイト

メダカの飼育

暖かい季節になってきました。先日も書きましたが、自宅で飼育しているメダカが産卵しました。なかなかうれしいものです。メダカは容易に産卵の楽しさに触れられるので、アクアリウムに興味があるけど、何を飼おうか悩んでいる人なんかには大変おすすめです。ちなみにチャームでは現在、クロメダカヒメダカシロメダカを扱っています。今後他の種も扱っていけたらと思っております。

ここでメダカの飼育についてちょっと書いてみます。

・メダカの飼育容器
メダカですが、インターネットで調べてみると、皆さん実に色々な飼育容器で飼育されています。水槽で飼育されている方、睡蓮鉢で飼育されている方、プランターで飼育されている方、多種多様です。飼育容器についてはお好みで選択されるといいでしょう。チャームでも水槽水鉢について多数ラインナップを用意しています。ぜひご覧になって下さい。

・メダカの飼育数
目安としては、多くて1リットルの水に1匹くらいがよいようです。30cm水槽で6匹くらい、40cm水槽で10匹くらいが理想です。

・メダカ飼育の水
水については水道水をそのままご使用になるのは避けて下さい。バケツ等に2~3日程くみ置きしておいて、水中の塩素を除去してあげましょう。お急ぎの方はテトラ メダカの水つくりジクラ ウォーター メダカ等をご使用になって、水道水を調整してからご使用になるとよいでしょう。尚、ご使用の際は、注意書きをよくご覧になって適量を使用するようにして下さい。
また、水換えは少量(1/4)くらいを定期的に行うのがよいでしょう。

・メダカ飼育の水温
メダカは比較的高い水温、低い水温にも適応できます。ただ、適応はできますが、理想的な水温は25℃~28℃くらいのようです。できればこの辺の水温帯で飼育してあげたいものです。尚、メダカは水温の急激な変化には弱いです。できれば、一定の水温を保ってあげるようにして下さい。

・底砂
できれば底砂を用意してあげた方がよいでしょう。水草を植えるには当然必要となりますが、それ以外に、メダカの出した排泄物を分解する消化細菌が住み着くのに必要となります。また、底砂がないとメダカが出したフン等が水槽の底に一目瞭然となるため、外観上もあまりよくないと思います。

・エアーレーション
メダカが生きていくには当然ながら、酸素が必要となるため、エアーレーションを行うのもよいです。ただし、エーレーションを行う場合は水流の強さに気をつけるようにして下さい。メダカは一般的に強い水流を嫌います。

・水草
水草は外観上も水槽のアクセントに絶好ですし、水質を維持する上でもあるとよいでしょう。また、メダカの産卵にも役立ちます。水草の中には育成し易いものもありますので、興味がある水草がありましたら、メダカの飼育とともに、水草の育成もぜひ楽しんでください。
ここで、メダカを育成している方に好まれる水草を数点以下に記載しておきます。
マツモ
ホテイ草(ホテイアオイ)
アナカリス(オオカナダモ)

・エサ
基本的にメダカは雑食性ですので、色々な種類のものを食べます。メダカ専用のエサも多数ありますので、ご利用になってみては。エサを与える量は数分で食べきれる量にして、1日1~2回ほど与えて下さい。

基本的に上記のものを用意すれば、メダカの飼育は問題ないと思います。購入する飼育用品を選ぶのが面倒という方はチャームで販売している、水草スターターセットあるいは熱帯魚スターターセット等をご購入されてもよいと思います。ぜひ、メダカの魅力に触れてみて下さい。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

エアーポンプ

熱帯魚などの生体は呼吸をするために酸素が必要となります。自然界の川などでは、水中に十分酸素が溶け込んでいるので、生育に問題ありません。しかしながら、限られたスペースの水槽では十分な酸素があるとはいえません。そのため、生体の飼育のためにエアーポンプを使用してエアーレーションする必要があります。

とりわけ、水草を育成される方は、CO2添加のため、水槽を密閉状態にする場合もあると思います。この場合は特に、何もしないと水槽内に酸素の供給ができませんので、酸素不足となります。生体の酸欠を防止させるため、ぜひエアーポンプを使用してエアーレーションを行ってください。

上部フィルターや外掛け式のフィルターをご使用の方は、水をろ過する際にエアーレーションも同時に行えるため、酸素供給については特に問題ありません。ただし、水槽内に魚など生体が多い場合等にはエアーポンプを用意した方が無難でしょう。

・エアーレーションに必要な道具
エアーポンプ
逆流防止弁
エアーチューブ
エアーストーン

・エアーレーションの時間
生体のみの場合
⇒常時エアーレーションを行ってください

水草育成している場合
⇒照明点等時はCO2の添加を行い、照明消灯時にエアーレーションを行って下さい。

尚、エアーポンプにはエアーレーションという役割以外に、水槽内の水を循環させてくれるというメリットも持っています。水槽内に水の流れをつくることで、水の淀みを防いでくれますよ。


(2006.4.6)
水槽の大きさにマッチするエアーポンプを紹介します。

・30cm~45cmクラスの水槽をご使用方
水心 SSPP-7
OX-30
OX-45

・60cmクラスの水槽をご使用の方
水心 SSPP-3
OX-60

・90cmクラスの水槽をご使用の方
水心 SSPP-2
OX-75

水槽の置き場所

初めて購入した水槽、設置場所はどこにしようか、迷いますね。下駄箱等を利用しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?結論から言いますと、下駄箱は避けて下さい。

仮に、60cmの水槽を使用される場合、水、底砂等、必要なものをセッティングした状態では50kg以上になります。これを下駄箱の上に設置すると、下駄箱にかかる負荷は相当なものとなります。最悪、下駄箱が壊れるといったことにもなりかねません。やはり、アクアリウム用に設計された、各種の水槽台をご使用になられることをおすすめします。ジェックス 60cm水槽用2段台ジェックス すべり止め付き60cm水槽台なんかは大変お手頃価格で人気がありますよ。その他、インテリアに合うもの等、色々な60cm水槽用の水槽台を取り扱っております。ぜひご覧下さい。
また、水槽用マットも併用されるのが無難かと思います。こちらで水槽用マットの使用について記載させて頂きました。

そして、肝心の設置場所ですが、直射日光が当たらない、風通しがよい場所を選んで下さい。直射日光が当たりますと、水温の上昇やコケの異常発生につながる恐れがあるためです。
振動が多い場所や人通りの激しい場所についても避けた方が無難です。熱帯魚も生き物ですので、人通りが激しいとびっくりしてしまいます。できる限りストレスを与えないようにしたいものです。

はじめてのCO2添加器具

水草が光合成を行うのに必要となるのが光とCO2です。これら2点については水草育成のため外すことができません。各種のライトを使用して光を与えるのと同様、CO2の添加も添加用の器具を使用します。CO2の添加時間ですが、ライトの点等時間と同じです。(水草に光合成をさせるためですので)

これまた色々な種類があるので、始めてご購入される方は迷ってしまうかもしれません。始めてご使用になるなら、各社のCO2フルセットをおすすめします。CO2フルセットでは、CO2ボンベ、レギュレーター、逆流防止弁等のCO2添加に必要不可欠な器具がオールインワンになっています。このCO2フルセットを購入すれば、当面問題ないわけです。なかでも大変ご好評頂いているのが、
・マーフィードCO2フルセット スマート
です。予備ボンベを付属させたチャーム独自のセットも用意してます。こちらのセットは対応ボンベが幅広い点(ADAのCO2ボンベ等一部使用出来ないものもございます)もおすすめできます。



CO2機器の接続方法についてはこちらにて説明しています。こちらも参考にして下さい。

はじめての蛍光管

使用する蛍光灯が決まったら、次は蛍光管です。蛍光管も水草を育成するなら、育成用に開発された商品を使用したいものですね。

メインとして使用をおすすめするのが三波長形ランプです。光の三原色赤・緑・青に波長のピークを絞って発光させているランプです。明るいランプが多く、光量確保に必要となります。様々な色温度(K ケルビン)の製品があります。三波長形ランプで代表的なのが、

・興和 12000K
・マーフィード リプロフォレスト
・ADA NAランプ
・ニッソー PG-3(PG-Ⅲ)

となります。

そして、蛍光管を複数本使用される方は、以下の植物育成用ランプを混ぜてご使用されるとよいでしょう。これらは赤系のスペクトルを三波長形より含んでいますので、光合成の促進が期待できます。

・興和 RB37
・マーフィード リプロシャイン


水槽に、2灯の蛍光灯を2セット使用されている方は、3本を三波長形の蛍光管にして、1本を植物育成用ランプにされるとよいと思います。ぜひ、ご検討下さい。

また、よく聞かれるのが、蛍光管の寿命です。この件ですが、アクアリウムでの蛍光灯の使用頻度を考えますと、半年に1度は交換されるのが無難です。

尚、蛍光管選択の際は、蛍光灯本体のワット数や交換球の種類をよくお確かめ下さい。とりわけ、ワット数で選択ミスをされるお客様が時折見受けられます。ワット数が違いますと、蛍光管の長さも変わってきますので、くれぐれもお間違えのないようお願いします。

水草育成の照明

ご存知のように水草は光合成を行うために、光を必要とします。そのため、アクアリウムでは照明器具が重要な役割を果たします。どんな照明があるかといいますと、

・蛍光灯
・メタルハライドランプ(通称メタハラ)

等が挙げられます。
これらの中で、多くの方が使用されているのが蛍光灯ですね。60cmの水槽に用意するのであれば、最低でも20W×2灯の製品を選択することをおすすめします。可能であれば、20W×2灯を2組使用して水槽全体に光がいくようにしたいものです。

・60cm水槽用の蛍光灯はこちらです

照明の点灯時間は、8時間~10時間程度が一般的で、水槽の状態(水草の生長やコケの発生状況)で加減して下さい。

そして、照明を使用していて注意すべきことは、コケの発生とライトの熱による水温上昇です。
コケについては、照明時間が長い等の原因で発生します。万が一、発生した場合は、照明時間を調節するなど、対策を立ててください。
また、水温の上昇については、冷却ファンを使用するなど、水温を下げるよう対策を立ててください。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。